福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 12月の百物語 > 怒った石灯篭(いしどうろう)

12月24日の百物語

おこった石どうろう

怒った石灯篭(いしどうろう)

 むかしむかし、ある藩(はん)に、ご城代役(じょうだいやく)を務めている侍がいました。
 この侍は大変、風流(ふうりゅう)を好む人です。

 ある日の夕暮れ、城代が近くの川原をぶらりぶらりと歩いていると、畑の中に何か黒い物が立っていました。
(はて? 灯篭(とうろう)の様であるが)
 そばへ行って見ると、古びてはいますが立派な石灯篭です。
(ふーむ、これは見事。なかなかの名工(めいこう)が作ったに違いない。それにしても、なぜこんなところに?)
 不思議に思った城代は、近くで畑を耕しているおじいさんにたずねました。
「これこれ。ちょっとたずねるが、なぜこの様な畑の中に、灯篭が立っておるのじゃ?」
 するとおじいさんは、相手がご城代役とは知らずに、『妙な事を聞くお侍じゃ』という様な顔で答えました。
「へえ、へえ。
 この石灯篭は、ずいぶんむかしからここにあった物だそうで。
 わしの親から聞いた話では、決してこの灯篭を、いじくってはならぬとの事。
 万が一にも、これを取り除けますと、その者にたたりが来ると申しておりました」
「なに。たたりとな?」
「へえ。わしら百姓には邪魔な灯篭ですが、親からの言い伝えなので、このままにしております」
「ふーむ。なるほど」
 城代は、その石灯籠をつくづくと見つめました。
 形はいいし、美しいこけが一面に生えていて、いかにも上品です。
 こんな畑の中に置くのは、どう考えても、もったいない品です。
(これを城内の庭に置いたら、さぞよかろうに)
 そう思いながらも、その日はそのまま帰りました。

 城に戻った城代は、家来に石灯篭の事を調べさせました。
 けれど、むかしその場所にお寺が建っていたというだけで、それ以上の事は何もわかりません。
「石灯籠もあんなところにあるよりも、城の庭に置かれた方が喜ぶであろう」
 城代はそう考えて、家来たちに石灯籠を持って来させました。
 そして庭に運ばせて、築山(つきやま→庭園などに、山に見立てて土砂または石などを用いてきずいたもの)の植え込みの間に立てさせました。
 すると庭が、一段と立派になりました。
「なるほど、これはよい」
 石灯籠を気に入った城代は、日が暮れるまで庭をながめていました。

 その日の夜更け、
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン
と、激しくお城の門を叩く者があります。
 そして叩きながら、何かをしきりにわめいている様子です。
 門番が飛んで行くと、外から声がしました。
「自分は、堀貫(ほりぬき)の彦兵衛(ひこべえ)と申す者。すぐに、ここを開けよ」
 門番が扉のすきまからそっとのぞいてみると、月明りの下に一人の男が仁王立ちに立っていました。
 頭髪をわらで束ねて、ぼろ着物を着て、腰を荒なわでしばったむさくるしい男です。
(何とも汚い男だ)
 門番は、男があまりにも汚い身なりをしていたので、門を開けずにいました。
 すると男は、雷の様な大声でわめきたてたのです。
「ご城代どのに! 堀貫の彦兵衛が! まいった事を! 急ぎ、お知らせ願いたい!」
(この夜更けに、とんでもない奴じゃ!)
 門番は無視をして、番小屋に戻ろうとしました。
 すると外から、
「やっ!」
と、ひと声、声が聞こえたかと思うと、男が門を飛び越えて中に入ってきたのです。
「くせ者、くせ者でござる!」
 門番がそう言ったとたん、門番は男に倒されてしまいました。

 翌朝、家来の一人が門の近くへ行くと、門番が地面に倒れて気絶しているではありませんか。
 介抱(かいほう)されて気がついた門番が昨夜の事を話しましたが、誰も信じてはくれませんでした。

 その日の夜更け、
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン
 ダン、ダン、ダン、ダン、ダン
と、また激しく門を叩く者があります。
 門番が近づくと、
「堀貫の彦兵衛でござる。ご城代どのに、お目通り願いたい」
と、言うのです。
 門番は昨日とは違う者でしたが、昨夜の出来事は聞いていました。
(あの話は、本当であったのか)
 気味悪く思った門番が、どうしようかと考えていると、
「えいっ!」
と、彦兵衛と名乗った男が門を乗り越えて、屋敷の方へ走って行ったのです。

 彦兵衛は城代の寝間(ねま)に入ると、その枕元に仁王立ちに立って、雷の様な声で怒鳴りつけました。
「その方! なにゆえあって、我が石灯篭を奪ったのじゃ!
 あの石灯籠は、我なきあとのしるしとして、ほんの形ばかりを残したもの。
 すぐさま、元に返せばよし。
 さもなき時は、うらみをなさん!」
 それを聞いた城代は、枕元の一刀を取るなり、
「無礼者っ!」
と、彦兵衛に切りつけました。
 しかし刀は、
 カチーン!
と、石を叩いた様な音とともにはじかれ、彦兵衛の姿は消えてしまいました。

 夜が明けると、城代はすぐに庭へ出て行きました。
 そして築山の植え込みに立っている石灯篭を調べてみると、笠石(かさいし)のところに昨夜の刀の傷跡がはっきりと残っていたのです。
「うむ。この石灯籠には、よほどの深い訳があるに違いない」

 城代はその日のうちに、石灯籠を元の場所に返しました。
 それからは、あの彦兵衛が現れる事はありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     12月24日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
クリスマスイブ
きょうの誕生花
宿木(やどりぎ)
きょうの誕生日・出来事
1972年 逸見太郎 (俳優)
恋の誕生日占い
精神年齢が高く、見た目も大人っぽい
なぞなぞ小学校
結婚相手のお父さんが住んでいる県は?
あこがれの職業紹介
大工
恋の魔法とおまじない 359
引越し先で楽しく暮らすおまじない
 12月24日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
思いやり(吉四六さん)
きょうの世界昔話
3つの願い
きょうの日本民話
生けどられたカミナリ
きょうのイソップ童話
猟師とライオン
きょうの江戸小話
鳥目(とりめ)
きょうの百物語
怒った石灯篭
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識