福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話 > 3つの願い

12月24日の世界の昔話

3つの願い

三つの願い
フランスの昔話 → フランスの国情報

 むかしむかし、ある町はずれに、小さな料理屋がありました。
 この料理屋の夫婦はお金持ちではありませんが、毎日の食べる物には不自由せず、健康にもめぐまれて幸せに暮らしていました。

 ある日の夕方、金ピカの服を着た伯爵(はくしゃく)と伯爵夫人(はくしゃくふじん)が、金の馬車(ばしゃ)に乗って料理屋の前を通りました。
 それを見て、おかみさんが言いました。
「あの人たちみたいに、わたしも一度でいいからすてきなボウシをかぶり、耳かざりをして馬車に乗ってみたいものだわ」
 すると、主人も言いました。
「そうだな。何をするのにも召使いに手伝ってもらえば、言う事はないね」
「そうなれば、どんなにいいだろうね」
「ああ、そうなりたいね」
 二人はそんな事を言っているうちに、自分たちの生活が急にみすぼらしく思えてきました。
 おかみさんは、ため息をつきながらつぶやきました。
「こういう時に、仙女(せんにょ)がいてくれたらねえ。仙女が魔法のつえをひとふりすれば、どんな願いでもかなうと言うじゃないか」
 そう言ったとたん、家の中にサッと光が差し込んで美しい女の人が現れたのです。
「せっ、仙女さま?」
「おい、本当に仙女さまが来てくださったぞ!」
 よろこぶ二人に、仙女が言いました。
「あなたたちの話は、みんな聞きました。
 これでもう、不満を言う必要はありませんよ。
 今からあなたたちに、三つの願い事をかなえるチャンスをあげます。
 願い事を口でとなえれば、それだけで願い事がかないます。
 ただし、願い事の取り消しは出来ませんよ 」
 仙女はそう言うと魔法のつえをひとふりして、スーッと消えました。
「おい、お前。今のを、聞いたか?!」
「ええ、確かに聞きましたよ。願い事が、それも三つもかなうんですって」
「えへヘへへ。やっと、運が向いてきたな。三つの願い事か。ここはあわてず、しんちょうに考えないとな」
「お前さん、願い事は何にする?」
「そうだな、やっぱり一番の願いは、長生き出来る事だな」
「でもお前さん、長生きしたって、働く毎日ではつまらないよ。願い事は何と言っても、お金持ちになる事だよ」
「それもそうだ。大金持ちになりゃ、たいていの願い事はかなうからな」
 二人はあれこれ考えましたが、なかなか良い願い事が思いつきません。
「お前さん、あせっても良い考えはうかばないよ。今夜一晩、じっくり考えようよ」
「そうだな、あせる事はないな」
 こうして夫婦は、いつものように仕事にとりかかりました。
 しかしおかみさんは台所仕事をしていても、三つの願い事が気になって仕事がすすみません。
 主人の方も願い事が気になって、仕事がすすみません。
 長い一日が終わって夜になり、二人はだんろのそばに腰をおろしました。
 おかみさんはだんろの赤い火を見ながら、思わずつぶやきました。
「この火でソーセージを焼いたら、きっとおいしいだろうね。今夜は願い事の前祝いに、一メートルもあるソーセージでも食べてみたいね」
 おかみさんがそう言ったとたん、天井から一メートルの大きなソーセージが落ちてきたのです。
「えっ、うそ! 今のはなしよ!」
 おかみさんはあわてて言いましたが、願い事の取り消しは出来ません。
 これで願い事は、残り二つです。
 すると主人が、おかみさんに怒鳴りました。
「このまぬけ! お前の食いしん坊のおかげで、大事な願い事が一つへってしまったぞ! 何てもったいない! こんなソーセージなんか、お前の鼻にでもぶらさげておけ!」
 主人がそう言ったとたん、ソーセージがおかみさんの鼻にくっついてしまいました。
「しっ、しまった!」
 主人はあわててソーセージを引っ張りましたが、おかみさんの鼻にくっついたソーセージはどうしてもとれません。
 これで願い事は、残り一つです。
 鼻にソーセージをくっつけたおかみさんは、大声で泣き出しました。
「あーん、こんなみっともない姿じゃ、どこにも行けないわ!」 
 それを見て、主人が言いました。
「泣くんじゃない! それよりも願い事をむだ使いする前に、最後の願いを言ってしまうおう。ここはやっぱり、大金持ちにしてもらおうじゃないか」
 するとおかみさんが、泣きながら言いました。
「おだまり! 最後の願いは決まっているよ! どうぞ、このソーセージが鼻から取りますように!」
 そのとたん、ソーセージは鼻から取れて床に転がりました。
「ああっ、最後の願い事が・・・」
 主人はがっかりですが、おかみさんは鼻からソーセージが取れて一安心です。
 おかみさんはソーセージをひろうと、だんろの火で焼きながら言いました。
「くよくよしても、仕方がないよ。それより晩ご飯は、ソーセージだよ。おいしそうだね」
「・・・ああ、おいしそうだな」
 それから二人は二度と不満を言わず、今の暮らしを大切にしたということです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月24日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
クリスマスイブ
きょうの誕生花
宿木(やどりぎ)
きょうの誕生日・出来事
1972年 逸見太郎 (俳優)
恋の誕生日占い
精神年齢が高く、見た目も大人っぽい
なぞなぞ小学校
結婚相手のお父さんが住んでいる県は?
あこがれの職業紹介
大工
恋の魔法とおまじない 359
引越し先で楽しく暮らすおまじない
 12月24日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
思いやり(吉四六さん)
きょうの世界昔話
3つの願い
きょうの日本民話
生けどられたカミナリ
きょうのイソップ童話
猟師とライオン
きょうの江戸小話
鳥目(とりめ)
きょうの百物語
怒った石灯篭
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識