福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話 > とっくり幽霊

6月5日の小話

とっくり幽霊

とっくり幽霊

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかしからお酒の好きな人は、意地が汚いと言われています。
 お酒があるうちは、
「もう一本」
「もう一本だけ」
「ほんとに、もう一本だけ」
「最後に、もう一本」
 などと言いながら、ついつい全部飲んでしまうからです。
 でもこれが出来るは、お酒を買える幸せな酒飲みで、お金のない酒飲みは、こうはいきません。

 さて、ある長屋に、貧乏な侍がいました。
 大のつく酒飲みでしたが、その日暮らしがやっとのありさまで、酒などめったに飲む事が出来ません。
 この男があるとき、病で倒れてしまいました。
 男はまくら元に、おかみさんを呼んで、
「わしがこのまま死んだら、なきがらはどうか備前の国(びぜんのくに→岡山県)の土にうずめてくれ」
と、弱々しい声で頼みました。
「はい、それはよろしゅうございますが、あなたは備前の国には縁もゆかりもないでしょうに」
 おかみさんが、不思議そうに言うと、
「わしはこれまで、好きな酒を思うように飲めなかった。
 せめて死んでからは、ゆっくりと酒を飲みたい。
 酒のとっくりは、備前の土で焼いた物が一番よいとされている。
 備前の土になってとっくりに焼かれれば、いつでも酒を入れておいてもらえるからな」
と、男は言いました。

 しばらくすると男はあの世に行ってしまい、備前の土にうめられました。
「願い通りにしてあげたのだから、どんなに喜んでいる事でしょう。
 今頃はもう、とっくりに焼かれておいしいお酒を入れてもらい、幸せにしている事でしょうね」
 おかみさんがそう思っていると、ある晩おそく、男が幽霊になって現れました。
「うらめしや〜。水をくれえ、のどがかわいてたまらんのだ」
「あら? いったい、どうなされました。願い通り備前の土になって、とっくりに焼かれたのではありませんか?」
 おかみさんが聞くと、
「ああ、お前のおかげで備前の土になることが出来、とっくりにも焼かれた。
 しかしそれが、とんだあてはずれでな。
 悲しい事に酒のとっくりではなく、しょうゆのとっくりなんだ。
 毎日しょうゆびたりだもんで、のどがかわいて、かわいて、たまらずに出てきたのだ。
 うらめしや〜、水をくれえ」
「はいはい、いまあげますよ」
 おかみさんがひしゃくに水をくんでさし出すと、男はうまそうにごくごくと飲んで、すうっと消えていったそうです。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     6月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
熱気球記念日
きょうの誕生花
蛍袋(ほたるぶくろ)
きょうの誕生日・出来事
1985年 福田 萌 (タレント)
恋の誕生日占い
好奇心旺盛で、読書好き
なぞなぞ小学校
指にある門は?
あこがれの職業紹介
和裁士
恋の魔法とおまじない 157
恋愛運アップのおまじない
  6月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
吉四六の天昇り
きょうの世界昔話
力持ちのノミ
きょうの日本民話
熊ん蜂(くまんばち)の山賊退治
きょうのイソップ童話
キツネとブドウのふさ
きょうの江戸小話
とっくり幽霊
きょうの百物語
武蔵が淵(むさしがふち)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識