福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 1月の日本民話 >キツネの恩返し

1月8日の日本民話

キツネの恩返し

キツネの恩返し
山形県の民話山形県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
朗読者 : 「FMおたる 佐賀直子」

 むかしむかし、ある村に、人をだます事が上手なキツネが住み着きました。
 キツネは夜になると娘に化けて酒に酔った人のみやげをぬすんだり、風呂に入れると言って川や沼に人を入れたりしておもしろがっていたのです。

 ある夜の事、キツネが娘に化けて村はずれで待っていると、次助(じすけ)じいさんが通りかかりました。
 キツネは道ばたにうずくまって、
「次助じいさん。わたし、お腹が痛くて歩けないの。どうか村まで、背負って下さいな」
と、頼んだのです。
 ところがこの次助じいさん、なかなかのやり手で、
「これはこれは、こんな美人の娘を背負えるのは、なんともありがたいこっちゃ」
と、キツネの娘をひもでしっかりと背中にしばり、歩き始めたのです。
 村の入口まで来ると、キツネの娘は、
「もう、お腹は治りました。ここからは一人で歩けますので、おろしてください」
と、頼みましたが、次助じいさんは聞こえないふりをして、村の者が集まっている場所まで背負い、
「キツネを捕まえたぞ! みんなでしばりあげろ!」
と言って、村人みんなでキツネをしばりあげると、枯れ草を燃やした煙でキツネをいぶりたてました。
 キツネの娘は苦しくて、とうとうキツネの正体を現してしまったのです。
「さて、このキツネをどうしてくれようか?」
「イタズラギツネだ。逃がすわけにはいかないな」
 村人たちは相談して、このイタズラギツネをキツネ汁にして食べてしまおうという事になりました。
 すると、今までだまって見ていた善作(ぜんさく)じいさんが、
「なあ、殺すのはかわいそうだから、どうか放してやってくれないか」
と、みんなに頼み込んだので、キツネをそのまま逃がしてやる事にしました。

 それからキツネは、イタズラを一切やめました。
 そしてキツネの恩返しなのか、それから善作じいさんには良い事ばかりが続いて、とうとう村一番の長者になったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

     1月 8日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
勝負事の日
きょうの誕生花
母子草(ははこぐさ)
きょうの誕生日・出来事
1971年 田村亮(芸人)
恋の誕生日占い
精神年齢が高く、大人の魅力を持った
なぞなぞ小学校
すぐに転ぶ鳥は?
あこがれの職業紹介
料理教室の先生
恋の魔法とおまじない 008
顔のコンプレックスを治す呪文
  1月 8日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
こぶとりじいさん
きょうの世界昔話
おいしいおかゆ
きょうの日本民話
キツネの恩返し①
きょうのイソップ童話
アリ
きょうの江戸小話
落とし物
きょうの百物語
大蛇を改心させたお経
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識