福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 1月の日本民話 >与作の占い

1月17日の日本民話

与作のうらない

与作の占い
香川県の民話香川県情報

 むかしむかし、あるところに、与作(よさく)というお百姓さんがいました。
 とても働き者で、毎日朝早くから夜遅くまで畑仕事をしていました。
 ところが与作のおかみさんときたら、これがひどい怠け者で、しかも大飯食いなのです。
 そのくせ与作の前では、少ししかごはんを食べません。
(しかし、あんまりごはんを食べないのに、どうしてあの様に太っているのかな?)
 不思議に思った与作は、ある日、畑へ行くふりをして天井に隠れました。
 すると、どうでしょう。
 おかみさんはたくさんのご飯を炊いて、握り飯を何個も何個も作りました。
(村祭りでもあるまいに、何て数だ。あんなに握り飯を作って、どうするつもりだろう?)
 見ていると、おかみさんは作ったばかりの握り飯をパクパク食べて、余った残りをカゴに入れて、かまどの後ろへ隠したのです。
(なるほど、ああやって暇さえあれば、握り飯を食べているんだな)
 そこで与作は天井から降りて、何くわぬ顔で表から家に入りました。
 すると、おかみさんが驚いて言いました。
「えっ? あれ? まあまあ、今日はどうしたの? ばかに帰りが早いじゃないの」
「まあな、それよりおら、今日は占いを習って来たぞ」
「へえ、占いをね。それなら、何か占っておくれよ」
 すると与作は両手を組んで、目をつぶって言いました。
「うむ。白くて丸い物が見えるぞ。これは握り飯だな。・・・ふむふむ、その後ろは何だ? ・・・かまどか。わかった! かまどの後ろに、握り飯が隠してあるんだ」
「まあ、すごい! 当たったよ!」
 おかみさんは自分の事を言われているのに、すっかり感心してしまいました。
 そしてすぐに家を飛び出して、この事を村のみんなに言いふらしたのです。

 さて、与作の近所に、おばあさんとお嫁さんの仲がとても悪い家がありました。
 ある日の事、お嫁さんはおばあさんが憎くて、おばあさんの大切なカガミを古井戸のつるべの中に隠したのです。
 そして与作のうわさを聞いたおばあさんが、やって来たのでした。
「与作さん、わしのカガミがなくなったんよ。大切なカガミなんだよ。どこにあるのか、占っておくれよ」
「へっ、占いを?」
 そんな事を言われたって、与作に分かるはずがありません。
「しかし、占いは・・・」
「頼みますよ。与作さんの占いは、良く当たると評判だから」
「うーん。・・・」
 そこで仕方なく、
「今日はもうおそいから、明日になったら占ってあげよう」
と、言って、おばあさんを帰しました。
 すると間もなく、今度はお嫁さんがやって来ました。
「与作さん。
 与作さんは占いの名人なので、もう知っていると思いますが、実はわたしが古井戸のつるべの中に、カガミを隠しました。
 その事が分かれば、わたしはおばあさんに家を追い出されてしまいます。
 頼みます。
 どうかおばあさんに、わたしが隠したとは言わないでください」
 それを聞いて、与作は大喜びです。
「おおっ、そうかい、そうかい。
 それを聞いて、助かった。
 ・・・いや、よくぞ言ってくれた。
 もしもお前さんが白状(はくじょう)しなければ、わしはおばあさんに全てを話していたところだ。
 約束しよう、この事は決して話しはしないから」
「あっ、ありがとうございます!」

 次の日、与作はおばあさんに言いました。
「占いによると、カガミは古井戸のつるべの中にあると出た。
 おそらく、村の子どもたちが、イタズラで隠したのだろう」
 おばあさんが古井戸のつるべをあげてみると、本当にカガミがありました。
「あれまあ。ほんに与作さんの占いは、何てよく当たるのだろう」
 おばあさんは、この事を村中にふれて回りました。
 そしてこの話が、ついに殿さまの耳にまで届いたのです。
 殿さまはちょうど大切なが無くなって困っていたので、すぐに与作の所へ使いをやり、
「刀の行方を占いに、屋敷に来い」
と、言ったのです。
「こいつは弱った。今さら、占いは全てインチキだったとは言えないし・・・」
 それでも覚悟を決めて、与作は殿さまの屋敷へ出かけて行きました。
 すると途中の森で、二匹のキツネがけんかをしていました。
「あの刀は、おれが盗んだ物だぞ」
「ああ、だが盗んだのはお前でも、屋敷の庭に隠したのはおれだ」
 与作さんはそれを聞くと、飛び上がって喜びました。

 さて、与作は殿さまの前に行くと、両手を組んで目をつむって言いました。
「むむっ、むむむっ。刀が見えます。ここは、庭か。・・・はい、わかった。刀は、屋敷の庭にあります」
 殿さまが家来に調べさせると、庭石の間から無くなった刀が出て来たのです。
「これは見事。お前は日本一の占い名人だ」
 殿さまは大喜びで、与作にたくさんの褒美を与えたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     1月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
防災とボランティアの日
きょうの誕生花
胡蝶蘭(こちょうらん)
きょうの誕生日・出来事
1978年 金子貴俊 (俳優)
恋の誕生日占い
みんなから頼られる、責任感の強いリーダー。
なぞなぞ小学校
学校でカエルが鳴く時間は?
あこがれの職業紹介
パティシエ
恋の魔法とおまじない 017
言い伝え、汚いトイレ
  1月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
大工と三毛猫
きょうの世界昔話
ホジャおじさんのウサギのスープ
きょうの日本民話
与作の占い
きょうのイソップ童話
ザクロの木とリンゴの木とオリーブの木とイバラ
きょうの江戸小話
おじいさんとおばあさん
きょうの百物語
千匹オオカミ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識