昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 日本民間故事 > 四月

4月28日の日本民話
(4月28日的日本民間故事)
足長手長

足長手長
長手長踋

日本語 ・日本語&中国語

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

むかしむかし、会津(あいず→福島県)の盆地(ぼんち)に、どこからともなく恐ろしい魔物(まもの)が現れました。
到好久以前、会津盆地、這裡有個好恐怖的妖怪會吃人。

その怪物は、足長手長(あしながてなが)という夫婦の魔物です。
具體來講就是長手長踋兩夫妻。

夫の足長はその名の通りとても足が長く、どんなに遠くても足を伸ばせば届きます。
男人踋長就喊踋長、一踋想踩好遠踩好遠。

妻の手長はとても手が長く、どんな遠いところの物でも、座ったままでヒョイとつかむ事が出来ました。
女的就手長、東西無論好遠、只要想要、就坐到屋裡手一攡這就過取來了。

この足長手長の夫婦は、なぜか会津の土地が気に入ったようです。
但這兩位神聖就好像是幫会津這地方喜歡上樣的。

妻の手長は磐梯山(ばんだいさん→福島県の北部、猪苗代湖の北にそびえる活火山。標高1819メートル)の頂上(ちょうじょう)に座り、夫の足長は会津盆地をひとまたぎしています。
手長穩自峰上、踋長踋踏谷地、這麼到二人便至平行、峰是磐梯山千八百米有餘、谷為会津盆地、不知何許深也。

「手長よ、そろそろ始めるか」
堂客、差不多了、我們開搞。

「はいよ、足長」
好。

二人の魔物は声をかけあうと、足長の足がグングンと伸びて、あちこちの雲をつかんでは会津盆地の上に集めます。
雙魔完成交流、足長神威一展、這踋還能繼續伸展、人自天上、納四方之雲匯聚会津盆地頂。

雲は畑仕事をしている人たちの頭の上をおおい、みるみるうちにあたりは暗くなっていきました。
農民這就幫田种到的、著踋長這麼一搞、天過暗了。

「今度はおめえだ、手長」
我搞完了、你上。

「はいよ、足長」
好傢伙。

今度は手長が長い手で、猪苗代湖(いなわしろこ→福島県の中央部、湖面標高514メートル。最大深度94メートル。周囲63キロメートル。面積103平方キロメートル)の水をすくってばらまきます。
這就手長手一攡、攡到猪苗代湖、過就到取這裡的水、又往上面舀。

それは大粒の雨となって、畑仕事をする人々の上に降りかかりました。
雲水聚合為雨、從天而降了。

「あっはっはっは、見てみろ、あのあわてぶり!」
「ゆかいだね、足長」
堂客你看這些個尸囟日(U+21CAE)兒都慌了個卵脬翻天。
是啊、有味道。


足長と手長のせいで、会津は暗い雨の日が続きました。
会津人就是螞蟻、足長和手長就到往裡面灌鉛邏樂子。

村人たちは、ほとほと困りました。
這螞蟻就惱火啦。

「このまま、おてんとさまが出なければ、家のダイコンが枯れてしまうぞ」
這㫘得太陽光下雨、田裡面的菜都要被泭爛啊。

「このまま作物が枯れてしまったら、おらたちはどうなるだ?」
那菜一爛哪個得賠我們錢哦?

「そりゃあ、飢え死にしかねえ」
「何とか、ならねえか」
這天災人禍不就只能認、過餓死算它。
違㫘一點辦法啦?


「何とかと言っても、相手があんな魔物では」
你有這本事幫那兩條傢伙弄了去、你還到這裡。

こんな村人たちを見て、足長手長は大喜びです。
看到農民到底下討論這些、手長踋長是都笑眯的。

そんなある日の事、ボロボロの衣をまとった弘法大師(こうぼうだいし)というお坊さんが、この会津の村にやって来ました。
這天、一條布衣和尚就來了、穿到稀巴卵爛的一身、這傢伙就是弘法大師。

「これはひどい」
那你們真的是著孽、
這地方是著搞甚麼了哦?


荒れ果てた村の様子に驚いた弘法大師は、村人たちに話を聞きました。
大師看到這地方被灌鉛了、就好同情、這就開始問具體情況了。

「よし、その魔物をこらしめてやろう」
這樣子啊、看我幫他們弄了去。

弘法大師はそう言うと、すぐに磐梯山の頂上に登りました。
講完就動身上山了。

そして頂上から、大声で言いました。
登頭了、開始架勢作死䛥了。

「足長手長! わしはここを通りかかった旅の僧じゃ。姿を見せんか!」
長手長踋、我和尚到你屋來幫你路過了、不出來漏個臉啊?

弘法大師の声に、足長と手長が現れました。
這陣一叫、現身了。

「わっはっはっは、何じゃ、人間の坊主か」
我以為那個、你條和尚有條甚麼本事啊。

「人間にしては、大声な声を出しよるわ」
叫起來也還雄勒、看起來就這尸囟日(𡲮U+21CAE)樣子。

「足長手長。わしの言う事をよく聞け! お前らは、どんな事でも出来ると思っとるだろうが、どんなに頑張っても出来ん事があるぞ」
長手長踋、你們的事我曉得了、但現在如不了你們意了、你不信試下、雖你們有通天之能、但還是有難為之事。

「何を言うか。この世の中に、わしらに出来ぬ事など何一つないわ」
你講的難為之事是要讓我試甚麼?我跟你講、這世上就㫘我兩作不成的事。

「そうか、ならばわしの言う通りにやってみろ。もし出来なければ、お前たちはすぐにこの会津の土地を出て行くのだ」
那我今天就賭你作不到、你若是輸了、我要你移出会津、你敢接吧啦。

「よし、わかった。どんな事か、言ってみろ。ただし、それが出来たらお前を食ってやるからな」
那我就賭你的命、你講嘛、甚麼。

弘法大師は、ふところから小さなつぼを取り出して言いました。
弘法大師掏壺了、自懷中。

「足長手長よ。
お前らは、ずいぶんと大きい。
だから二人一緒に、こんな小さなつぼに入る事は出来んじゃろう?
長手長踋、你們兩大、這壺小、所以我要你們兩條一起幫這條壺跟我進了、你是不敢還是不能?

どうじゃ、まいったか。
服不服?

わっはっはっは!」
哈哈哈哈、開玩笑!

「何だ、そんな簡単な事か。ではいくぞ、手長」
「あいよ、足長」
我信手拈來、長手我們走。
好。


二人は声をかけあうと、みるみるうちに小さくなってつぼの中へ入ってしまいました。
這就過兩傢伙進璫啦。

すると弘法大師はニヤリと笑って、つぼのふたをきゅっと閉めました。
弘法大師一笑、蓋子過關了。

突然ふたを閉められて、足長と手長はびっくりです。
這過天一黑、雙魔驚了。

「こら! ここから出せ! 早くふたを開けろー! 開けねばつぼを壊してやるぞ!」
搞甚麼卵!你是要我幫這破壺拆了是吧!

つぼの中で足長と手長が暴れますが、つぼはびくともしません。
長手長腳這就到壺裡面翻天了、但是壺紋絲不動。

「馬鹿者! 人々を苦しめたばつとして、お前ら二人は永遠につぼの中に入っておれ!」
我要你兩到壺裡洗心、一輩子。

弘法大師はそのつぼを磐梯山の頂上に埋めると、上に大きな石を乗せて二度と出て来られない様にしました。
弘法大師這就幫壺到磐梯山頂葬了。

「ちくしょう、このつぼは、何で壊れないんだー!」
我問你、這壺為甚麼不碎!

つぼには弘法大師の法力がかかっているので、足長や手長の力では決して壊れません。
無非就是被和尚開過光、上了加持、雙魔力不能及而已。

やがて二人はあきらめたのか、静かになりました。
雙魔時間一長、人過也是不動了。

すると弘法大師が、つぼの中の足長と手長に言いました。
大師這就講了。

「お前たちを山の守り神として祭ってやるから、村人たちの為につくすがよいぞ」
你兩這就永世不出、幫這山鎮到、我現在就同村人俸你們為山神、你們也自當盡心付出。

こうして足長と手長は、弘法大師によって退治されたのです。
這就真過變人柱了。

おしまい
结束

前のページへ戻る
(回到上一页)

     4月28日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
象(ぞう)の日
きょうの誕生花
金雀枝(えにしだ)
きょうの誕生日・出来事
1960年 辻元清美 (政治家)
恋の誕生日占い
ちょっと頑固でクール
なぞなぞ小学校
歯を治すのが得意な動物は?
あこがれの職業紹介
訪問介護員・ホームヘルパー
恋の魔法とおまじない 119
天気が晴れるおまじない
  4月28日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
力太郎
きょうの世界昔話
ハエとミツバチ
きょうの日本民話
足長手長
きょうのイソップ童話
ヘルメスと職人たち
きょうの江戸小話
法力
きょうの百物語
嫁礁(よめぐり)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識