昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 日本民間故事 > 六月

6月10日の日本民話
(6月10日的日本民間故事)
犬石(いぬいし)

犬石(いぬいし)
狗嵒頭

日本語 ・日本語&中国語

♪音声配信(html5)
音声 ひかる

むかしむかし、飯田(いいだ)の立石(たていし)と言うところに、甲賀三郎(こうがさぶろう)と言う男が住んでいました。
到好久以前、飯田立石這地方、一條甲賀三郎的男的住這裡的。

三郎は大の狩り好きで、二匹の猟犬と一緒に毎日の様に山に出かけては、獲物を求めて走り回っていました。
三郎最喜歡上山打野雞、這就每天牽到二條狗夥計、到山上去搜刮下子。

ある日の事、今日も三郎は二匹の犬を連れて山へ狩りに行ったのですが、その日はなぜかウサギ一匹見つからないのです。
這天三郎又是兩根狗索子一牽、想到山上搞點甚麼下來、但是今天是連條兔子都㫘看到、見鬼了啊。

「今日は、どうしたと言うのだ? 動物たちは、みんな山奥に行ってしまったのか?」
今天搞甚麼了哦?這一山㫘看到一條野啊、都躲山裡面去了啊。

そこで三郎は、今まで行ったことがない山奥へと入っていきました。
三郎這就往裡面走、以前這裡面危險都不怎麼來。

どんどん山奥へ入っていくと、突然三郎の目の前を黒い影が横切りました。
這就深山老林一入、眼前晃出一條黑影。

「なんだ? ・・・ああっ!」
甚麼卵!!!

ふり返った三郎は、思わず声を上げました。
五郎著這突來的一下駭怕到了、大聲一䛥。

向こうの木のそばに、今まで見た事もないような立派な大ジカが一頭、こっちを向いて立っているのです。
好生一看、原來是條好大的野鹿到對面林子裡面、站到對到自己的。

(これは、よい獲物だ)
好傢伙、是這麼條好東西啊。

三郎はすぐに、矢の狙いを定めました。
三郎弓箭上手了。

ところがシカは、なぜか三郎をじっと見つめるだけで、逃げようとはしません。
但是這鹿有點怪異、就過一直盯到五郎看、自己被瞄到一點不慌。

そのシカの目はまるで人間の目のようで、三郎に何かを伝えているようです。
而且像是想跟自己傳達甚麼信息樣的看到自己、眼睛過跟條人一樣的、不像是畜生。

さすがの三郎も弓を持つ手が震えましたが、勇気をふるって矢を放ちました。
三郎心裡面這就虛的不行、但還是憑到自己勇武幫弓一拉。

すると不思議な事に、今までそこに立っていたシカが、ふっとかき消すようにいなくなったのです。
這過鬼事發生、那麼大條鹿憑空消失了。

そしてそのあとには、手の平に乗るくらいの小さな観音さまが一体、ちょこんと立っていました。
原地一個可以放手板上面那麼大的小菩薩像出來了。

「これは一体、どういう事だ?」
三郎這一下懵了。

三郎は訳がわからず、とりあえず二匹の犬を連れて家へ帰ろうとしたのですが、さらに不思議な事に、三郎のそばに居たはずの二匹の犬が、いつの間にか固い石になっているのです。
算了、這鬼事連連今天先回去、想走、索子一牽準備拉狗走、好傢伙、自己狗變成嵒頭了、這就走不了了。

「・・・そうか。これはきっと観音さまが、殺生はするなといっているに違いない」
三郎這就想莫是自己殺太狠了、幫菩薩都招出來了哦。

それからというもの三郎はその観音さまを大切にして、二度と殺生をする事はありませんでした。
過就幫觀音一撿、屋裡供到的、以後也過不再打獵去了。

現在、立石寺(りっしゃくじ)には『犬石』と呼ばれる石がありますが、これは三郎の犬が石になったものだと伝えられています。
這就講立石寺門口兩條狗鎮到的、傳就是當初三郎愛用的那兩條夥計。

おしまい
结束

前のページへ戻る
(回到上一页)

     6月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
路面電車の日
きょうの誕生花
アカンサス(Acanthus)
きょうの誕生日・出来事
1977年 松たか子(女優)
恋の誕生日占い
甘え上手で、人を引きつける魅力の持ち主
なぞなぞ小学校
お客さんの前なのに、いつも後ろを向いている人は?
あこがれの職業紹介
タレント
恋の魔法とおまじない 162
女子の魅力アップ
  6月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
テングの隠れみの
きょうの世界昔話
ヘビの魔法
きょうの日本民話
犬石(いぬいし)
きょうのイソップ童話
ワシの真似をしたカラス
きょうの江戸小話
るすばんめがね
きょうの百物語
ろくろっ首

福娘のサイト

http://hukumusume.com

366日への旅
毎日の記念日などを紹介
福娘童話集
日本最大の童話・昔話集
さくら SAKURA
女の子向け職業紹介など
なぞなぞ小学校
小学生向けなぞなぞ