福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 >田上(たがん)のキツネ

8月20日の日本民話

田上(たがん)のキツネ

田上(たがん)のキツネ
鹿児島県鹿児島市の民話鹿児島県情報

 むかし、鹿児島の田上(たがん)と呼ばれるあたりに、まだキツネがいた頃のお話です。
 一人の百姓があぜ道でたばこをふかしていると、わきの草やぶで何かごそごそと音がしました。
「何じゃろう?」
 じっと見ていると、一匹のキツネがツワの葉をちぎってはやぶの上に敷いて、それが終わると今度はツワの汁を体中にこすりつけているのです。
「はて、不思議な事をするもんじゃ」
 そして体中が汁だらけになったキツネは、ごろんごろんとツワの葉の上で転がりました。
「ははーん。こりゃ、何ぞに化けるところじゃな」
 そのうちキツネは、それはきれいな女の子に化けてしまいました。
「へー、大したもんじゃ」

 さて、百姓が見ていたとは知らないキツネが、すました顔で村の方に行こうとするので、百姓は思いきって声をかけました。
「キツネよ、よう化けたもんじゃな。まこと、べっぴんなおなごじゃ」
 するとキツネはびっくりして、百姓に言いました。
「おじさん、見ていたの?」
「ああ、始めから見とったぞ。
 じゃが、わしが思うに、キツネはやっぱりキツネでいる方がええぞ。
 いくらべっぴんに化けても、人間には尻尾など生えておらんからな」
「えっ?」
 キツネがお尻に手を当てると、百姓の言うようにキツネの立派な尻尾はそのままでした。
 娘に化けたキツネは顔をまっ赤にすると、はずかしさに顔を押さえながら逃げていきました。

 それからこの田上には、キツネが現れなくなったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     8月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
交通信号の日
きょうの誕生花
クロトン(Croton)
きょうの誕生日・出来事
1972年 梅宮アンナ(タレント)
恋の誕生日占い
心優しいいやし系で、人を安心させる力を持っています
なぞなぞ小学校
お日さまから生まれた物は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
臨床工学技士
恋の魔法とおまじない 233
簡単コイン占い
  8月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
なまけ弁当
きょうの世界昔話
岩じいさん
きょうの日本民話
田上(たがん)のキツネ

きょうのイソップ童話
シカとほら穴のライオン

きょうの江戸小話
あせ
きょうの百物語
ろくろっ首
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識