童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集 福娘童話集 きょうの日本民話
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 10月の日本民話 >ピントコ坂

10月1日の日本民話

ピントコ坂

ピントコ坂
長崎県の民話長崎県情報

 長崎の小島(こしま)から茂木(もぎ)へと続く道に、『ピントコ坂』と呼ばれる急な坂があります。
 何でも、中国の何旻徳(かびんとく)という人の名前がなまって、『ピントコ坂』とつけられたそうです。
 このびんとくさんという人は、もともと中国の杭州(こうしゅう)に住んでいました。
 びんとくさんには、柳氏(りゅうし)という美しい許嫁(いいなずけ)がいましたが、どんな事情からか、その娘を国の大守(たいしゅ→大名)に奪われてしまい、それ以来、中国に住むのが嫌になったびんとくさんは、貿易をしている叔父さんを頼って長崎に渡ってきたそうです。
 ある年の正月、友だちに誘われて、びんとくさんは丸山(まるやま)の盛り場を歩いていました。
 くるわの石畳を通って筑後屋(ちくごや)という店の前まで来たとき、ふと、店に座っている一人の遊女(ゆうじょ)に目をやったびんとくさんは、
「あっ!」
と、声をあげたまま、その場に釘付けになってしまいました。
 驚いた事に、その女は許嫁だった柳氏(りゅうし)に瓜二つだったのです。
 それからというもの、びんとくさんは毎日のように、その女のもとへ通い続けるようになったのです。
 登倭(とわ)というその女も、びんとくさんが好きになりました。
 さて、当時の長崎の町では、大量の偽金が出回っていました。
 そして、本当かどうかはわかりませんが、
「あの偽金は、中国人が作った物だ」
と、うわさが広まって、たくさんの中国人が捕まったのです。
 そして、びんとくさんまでもが、捕まってしまいました。
 何でも、登倭(とわ)に思いを寄せる町役人が、恋敵のびんとくさんを罪人におとし入れたという事です。
 とうとう、びんとくさんは、偽金作りの汚名をきせられたまま、処刑されてしまいました。
 残された登倭は、びんとくさんの遺体をもらい受けると、泣く泣く今の小島の坂の途中に手厚く葬ってやり、そうして自分もその場で自害して果てたと言われています。
 その塚は傾城塚(けいせいづか→おいらんの墓)と呼ばれ、今もこの坂の上にひっそりと立っているそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 1日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
コーヒーの日
きょうの誕生花
紅葉葵(もみじあおい)
きょうの誕生日・出来事
1986年 神田 沙也加 (歌手)
恋の誕生日占い
楽しい事と可愛い小物が大好きな
なぞなぞ小学校
危険なトゲがある県は?
あこがれの職業紹介
ロミロミセラピスト
恋の魔法とおまじない 275
ど忘れを思い出すおまじない
  10月 1日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
かぐや姫(ひめ)
きょうの世界昔話
旅の道づれ
きょうの日本民話
ピントコ坂
きょうのイソップ童話
カラスとキツネ
きょうの江戸小話
柿泥棒
きょうの百物語
石になったオオカミ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識