福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 10月の日本民話 > ほら吹き甚兵衛

10月6日の日本民話

ほらふき甚兵衛

ほら吹き甚兵衛
埼玉県の民話埼玉県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、あるところに、甚兵衛(じんべえ)というほら吹きがいました。

 ある日の事、
「大変だ! 大変だー! この先の池で、お殿さまが死んでいるぞ!」
と、甚兵衛が大声で言うので、それを聞いた殿さまの家来たちが青くなってかけつけてみると、池には殿さまガエルが一匹死んでいるだけでした。
「なんとも、悪質なほらを! 許さん!」
 家来たちは甚兵衛を捕まえると、お城に連れて行きました。
 ところが殿さまは怒るどころか、その話しを聞いて大笑いです。
「よいよい、なかなかおもしろい男じゃ」
 殿さまは楽しい事が大好きで、ほらも立派な芸の一つと考えています。
「甚兵衛とやら、よければ城にいる三人のほら吹き名人と、ほら比べをしてみないか? 勝てたなら、ほうびをやろう」
 こうして甚兵衛は、殿さまの前でほら比べをする事になりました。

 呼ばれた三人の家来は、いつもほらの勉強をしているので、ほらがとても上手です。
「ふん、こんな田舎者(いなかもの)に、我々が負けてたまるか」
 三人とも、怖い顔で甚兵衛をにらんでいます。
「では、まずわたしから」
 一番目の家来が、言いました。
「わたしの国には、一万年もたった大きな木があります。枝は国中に広がっていて、雨が降ってもカサがいりません」
 次に、二番目の家来が言いました。
「わたしの国には、富士山をまたいで日本中の草を食べてしまう、とても大きなウシがいます。琵琶湖(びわこ)の水なんか、ひと飲みでなくなってしまいます」
 続いて、三番目の家来が言いました。
「わたしの国には、海で顔を洗う大男がいます。大男が海の水を手ですくうたびに洪水(こうずい)が起こり、国中の家が流されてしまいます」
 それらのほらを聞いた殿さまは、大喜びです。
「よいよい、三人とも、なかなかのほらじゃ」
 殿さまにほめられて、三人の家来は自慢げに胸を張りました。
「さて、甚兵衛。お前のほらはどうじゃ」
 殿さまの言葉に、三人の家来が甚兵衛を見つめました。
 甚兵衛がどんなほらを吹いても、けちをつけるつもりです。
「はい、では」
 甚兵衛は座りなおすと、殿さまの方を見て言いました。
「わたしは、胴のまわりが三百里(→千二百キロほど)もあって、たたけば世界中に鳴りひびく大太鼓(おおだいこ)を作りたいと思います」
「そんなに大きな太鼓を、どうやって作るのだ?」
 家来の一人がたずねると、甚兵衛が答えました。
「まず胴は、一万年もたった大きな木で作り、太鼓の皮は富士山をまたぐウシの皮を張り、それから海の水で顔を洗う大男に太鼓をたたかせます」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
 このほらには、三人の家来もけちがつけられません。
 甚兵衛のほらは三人のほらをうまく使っているので、甚兵衛のほらにけちをつけるのは自分たちのほらにけちをつける事になるからです。
 その三人の様子を見た殿さまは、手を叩いて言いました。
「見事! ほら吹き比べは、甚兵衛の勝ちじゃ!」
 ほら吹き比べに勝った甚兵衛は、殿さまにたくさんのほうびをもらいました。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
国際協力の日
きょうの誕生花
金木犀(きんもくせい)
きょうの誕生日・出来事
1988年 堀北 真希 (女優)
恋の誕生日占い
精神年齢が高くて面倒見が良い、大人びた女の子
なぞなぞ小学校
命令が好きな色は?
あこがれの職業紹介
ピュリファイセラピスト
恋の魔法とおまじない 280
テストの緊張を和らげる
  10月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
京のカエル大阪のカエル
きょうの世界昔話
ナイチンゲール
きょうの日本民話
ほらふき甚兵衛
きょうのイソップ童話
セミとキツネ
きょうの江戸小話
十二味のとうがらし
きょうの百物語
ばばいるか
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識