福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 11月の日本民話 >甚五郎(じんごろう)と新田井(にったい)せき

11月24日の日本民話

甚五郎(じんごろう)と新田井(にったい)せき

甚五郎(じんごろう)と新田井(にったい)せき
兵庫県の民話兵庫県情報

 江戸時代、但馬(たじま)の豊岡(とよおか)と、出石地方(いずしちほう)の田んぼは、井せきをつくって、そこから水を引いていたそうです。
 その水によって、その年の稲作の良し悪しが決まるので、水の確保はとても大切でした。
 新田井(にったい)せきもそのひとつで、井せきをせき止めする日には奉行まで出てきて、不公平が無いように監督をしていたといわれています。
 そのため井せきのほとりには番小屋までつくられて、夜も昼も厳重な監視が続けられたのです。
 ところが、ひとつ困った事がありました。
 新田井せきが止められると水かさが増すので、伊豆村(いずむら)は水につかってしまうのです。
 村人たちは毎年のように役人にかけあうのですが、いっこうに取り合ってはくれません。
 そんなある日の事、この村の百姓で甚五郎(じんごろう)という男が、何を思ったのかサンダワラ(→わらで作った米俵のふた)を持って川へ出かけて行きました。
 その頃、新田井せきでは相変わらず番人が、厳しい監視を続けています。
 すると上流の方からサンダワラが流れて来て、水をせき止めてある土俵にあたったのです。
 するとわらで作られた軽いサンダワラなのに、土俵がくずれて水が流れ出したではありませんか。
 番人は、びっくりです。
 そしてそのサンダワラは、来た道をさかのぼって、上流へと帰って行くではありませんか。
「サンダワラが、流れに逆らって上流へ行くとはおかいしい。・・・さては!」
 番人は鉄砲をとると、サンダワラめがけて、
 ドスン!
と、撃ちました。
 すると、川の水はみるみるまっ赤に染まって、サンダワラを頭にくくりつけた甚五郎の死体が浮いたのです。
 知らせを聞いて駆けつけた村人たちは、
「バカじゃのう。下へ流れていれば助かったのに」
と、いいながら、村のために死んだ甚五郎に涙したのです。
 その後、村では甚五郎を手厚くとむらい、毎年うら盆がくると、田んぼに美しいまんとうの火がともされるのだそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     11月24日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
オペラの日
きょうの誕生花
がまずみ
きょうの誕生日・出来事
1976年 池内博之 (俳優)
恋の誕生日占い
明るくてさわやかな女の子
なぞなぞ小学校
無口な風は?
あこがれの職業紹介
金融ディーラー
恋の魔法とおまじない 329
テストで良い点を取るおまじない
  11月24日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
打たぬのに、鳴るたいこ
きょうの世界昔話
逃げ出したパンケーキ
きょうの日本民話
甚五郎と新田井せき
きょうのイソップ童話
気が狂ったライオンとシカ
きょうの江戸小話
良いお手本
きょうの百物語
カッパの宝物
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識