福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 4月の世界昔話 >白雪姫

4月23日の世界の昔話

白雪姫

白雪姫
グリム童話 →グリム童話の詳細
白雪姫のぬりえ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
林檎の折り紙りんご

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、とっても美しいけれど、心のみにくいおきさきがいました。
 おきさきは魔法のカガミを持っていて、いつも魔法のカガミにたずねます。
「カガミよカガミよ、この世で一番美しいのは誰?」
 おきさきは、カガミがいつもの様に、
「あなたが、一番美しいです」
と、答えるのを待ちました。
 しかしカガミは、
「あなたの娘、白雪姫(しらゆきひめ)です」
と、答えたのです。
 おきさきは、白雪姫の2度目のお母さんです。
 おきさきは激しく腹を立て、白雪姫を猟師(りょうし)に殺させようとしました。
 でも心の優しい猟師は白雪姫をそっと森の中に隠して、おきさきには白雪姫を殺したとうそをついたのです。

 白雪姫は、森に住む七人の小人たちと暮らす事になりました。
 そして小人たちが山に働きに行っている間、掃除や洗濯や針仕事をしたり、ごはんを作ったりして毎日を楽しく過ごしました。
「白雪姫、わたしたちが仕事に行っている間、誰も家に入れちゃいけないよ。あの怖いおきさきに、ここが知られてしまうからね」
と、いつも小人たちは言うのでした。

 ところがある日、
「カガミよカガミよ、この世で一番美しいのはだれ?」
と、おきさきがカガミに聞くと、
「山を越えたその向こう、七人の小人の家にいる白雪姫です」
と、答えたのです。
「なんですって!! あの猟師、裏切ったね! よし、こうなれば」
 自分で白雪姫を殺そうと考えたおきさきは、物売りのおばあさんに化けると、毒リンゴを手に七つの山を越えて小人の家に行きました。
 そして、窓を叩いて言いました。
「美しい娘さんに、おくり物だよ」
「まあ、何てきれいなリンゴ。おばあさん、ありがとう」

白雪姫と毒リンゴ

 けれど、そのリンゴを一口かじるなり白雪姫はバタリと倒れて、二度と目を開きませんでした。
 白雪姫が死んだ事を知った小人たちは悲しみ、せめて美しい白雪姫がいつでも見られる様にと、ガラスのひつぎの中に白雪姫を寝かせて森の中に置きました。
 そしてある日、1人の王子が森で、白雪姫のひつぎを見つけたのです。
「何てきれいな姫なんだ。まるで眠っているようだ」
 王子は思わず、ひつぎの中の白雪姫にキスをしました。
 するとキスしたはずみで、毒リンゴのかけらが白雪姫ののどから飛び出したのです。
 目を開けた白雪姫は、
「わたしは、どこにいるのかしら?」
と、王子に尋ねました。
「ずっと、わたしと一緒にいるのですよ。姫」
 王子と結婚した白雪姫は、ずっと幸せに暮らしました。

おしまい

 → フルバージョン 白雪姫


読者からの投稿イラストパンを踏んだ娘
イラスト Ellie  「継母の女王が毒林檎の悪だくみをしているところ」

前のページへ戻る


     4月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
サン・ジョルディの日
きょうの誕生花
花水木(はなみずき)
きょうの誕生日・出来事
1972年 IZAM (ミュージシャン)
恋の誕生日占い
明るく元気で、友達思い
なぞなぞ小学校
9つの色の食事は?
あこがれの職業紹介
銀行員
恋の魔法とおまじない 114
いじめられにくくするおまじない
  4月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
みそのにおい
きょうの世界昔話
白雪姫
きょうの日本民話
愛犬の神通力
きょうのイソップ童話
ロバと植木屋
きょうの江戸小話
尻から入る
きょうの百物語
老母とヘビ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識