福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話 > ハツカネズミと小鳥とソーセージ

7月3日の世界の昔話

ハツカネズミと小鳥とソーセージ

ハツカネズミと小鳥とソーセージ
グリム童話 → グリム童話の詳細

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、ハツカネズミと小鳥とソーセージが、仲良く暮らしていました。
「さあ、今日もご飯をつくろうか」
 小鳥の仕事は、森の中へまきを取ってくることです。
 ハツカネズミはナベに水をくんで、火をおこします。
 そしてソーセージは料理をにたきし、その中を泳いで味をつけるのが仕事でした。

 ある時、小鳥が仲間の鳥に、自分たちの生活が、いかにすばらしいかをじまんしていました。
 ところが、相手の鳥は、
「まき取りだって?
 お前の仕事は、損な仕事をしているな。
 だって、他の二人は外へ出ることもないのに、お前は重い荷物を運ばなければいけないじゃないか。
 おれらな、仕事を代わってもらうけどな」
 こう言われて、小鳥もすっかりその気になってしまいました。
 そしてご飯をつくろうとする時、小鳥は言いました。
「今までわたしは、あなたたちの下働きのようなことをしてきたわけだ。
 いつまでもこんなのは、不公平だ。
 これからは、役割(やくわり)を変えてみようじゃないか」
「だって、小鳥さんは空が飛べるから、とおい森でもすぐに行けるじゃないか」
「そうだよ。なれた仕事をするのが一番だ」
 ハツカネズミとソーセージは反対(はんたい)しましたが、小鳥は役割を変えると言ってききません。
「しかたない、そこまで言うのなら、一度仕事を変えてみようか?」
「そうだね。一度くらいは」
 役割の交代は、くじ引きで決めることにしました。
 くじ引きの結果(けっか)、
 ソーセージが、まきを取る仕事。
 ハツカネズミが、料理をする仕事。
 小鳥が、ナベに水をくむ仕事です。
 ところがこの交代で、事件が起きました。
 まきを取るために森に行ったソーセージが、帰ってこないのです。
 心配した小鳥が森へ飛んで行くと、イヌがソーセージを食い殺していたのです。
 小鳥は悲しみながら、まきを抱えて家に帰りました。
 ハツカネズミもそれを聞いて、悲しみました。

 小鳥が料理の準備をすると、ハツカネズミが料理を始めました。
 ソーセージと同じように料理の中を泳いで、味つけをしようとしたのです。
 ところがその途中でハツカネズミの長い尻尾が料理に引っかかったために、ハツカネズミは料理におぼれて死んでしまいました。
 小鳥は食べ物をテーブルに並べようとしたとき、ハツカネズミが見あたらないのに気づきました。
「ハツカネズミ君。どこに行ったんだい?!」
 小鳥が飛び回って探していると、羽の風がまきの火を飛び火させて、あたりが火事になってしまいました。
「わあわあ、はやく火を消さないと!」
 あわてた小鳥は水をくみに行こうとしましたが、運悪く足がすべって水の中に落ちてしまい、おぼれ死んでしまいました。

 こうして役割を交代したために、誰もいなくなってしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月 3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
波の日
きょうの誕生花
立浪草(たつなみそう)
きょうの誕生日・出来事
1970年 岡村隆史(芸人)
恋の誕生日占い
ボランティア精神が高く、みんなの幸せを願っています
なぞなぞ小学校
神さまがくれたコップは?
あこがれの職業紹介
発音インストラクター
恋の魔法とおまじない 185
誰かがあなたを想っている
  7月 3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
杉の木、百本
きょうの世界昔話
ハツカネズミと小鳥とソーセージ
きょうの日本民話
逃げ出した相撲取り(すもうとり)
きょうのイソップ童話
木たちとオリーブの木
きょうの江戸小話
大きさが違う
きょうの百物語
しっぺ太郎
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識