福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 11月の世界昔話 > 一まいの羽

11月16日の世界の昔話

一まいのはね

一まいの羽
アンデルセン童話 → アンデルセン童話の詳細

♪音声配信(html5)
朗読者 : 花水木 運営ブログ : 朗読の翼  運営サイト : すまいるカフェ

 お日さまが西にしずんで日が暮れると、トリ小屋のニワトリたちはとまり木にとまって目をつむりました。
「明日の朝まで、おやすみなさい」
 でも、すぐにはねむれません。
 たいくつになった一羽のメンドリが、くちばしで羽をつついていました。
 このメンドリは、時々おもしろい事を言っては、みんなを笑わせるくせがありました。
 羽をつついているうち、白い羽が一まいポロリと下におちました。
「あら、羽が一まいおちたわ」
 メンドリはみんなを笑わせようと思って、次にこう言いました。
「でもいいわ。羽がおちるとそれだけ体がスラリとして、きれいになるんですもの」
 けれどほかのニワトリたちは遊び疲れて、みんなスヤスヤとねむっていました。
「誰も聞いてないのね。つまんない」
 ところが近くの木のえだに、目玉をクルクルさせたフクロウがとまっていました。
 フクロウは昼間に寝て夜に起きるので、メンドリの言葉を聞いていたのです。
 フクロウはハト小屋に行くと、ハトに話しかけました。
「お聞きなさい。トリ小屋のメンドリさんは、きれいになりたいといって自分の羽をぬいたそうですよ」
 するとハトは、となりのアヒルに話しました。
「アヒルさん、アヒルさん。なんとおどろいた事に、ニワトリさんがきれいになるきょうそうをして、羽をみんなむしりとったんですって」
 するとアヒルはのき下に行って、コウモリに話しました。
「ねえ、聞いて聞いて、ニワトリが他の鳥たちの羽をむしり取っているそうよ」
  コウモリはこの話しを聞いて、ビックリしました。
「ひどい話しだ。こんな話しをだまっているわけにはいかない。みんなに知らせなくっちゃ」
 コウモリは、月夜の空へ飛んで行きました。

 あくる朝、朝早くからスズメがやって来て、ニワトリ小屋の前でやかましく鳴き始めました。
「チュン、チュン、チュン」
 ニワトリたちは変に思って、スズメにたずねました。
「もしもし、スズメさん。どうかしたのですか?」
「どうしたどころではありませんよ。ニワトリさんが鳥たちの羽をむしって、すでに五羽も死んだそうではありませんか」
「まあ、こわい。羽をむしり取って五羽も殺すなんて」
 一羽のメンドリが、こわそうに言いました。
 しかしのそのメンドリは、なんと一番はじめに羽をおとしたメンドリだったではありませんか。
 たった一まい羽をおとした事が、話しが伝わっていくうちに五羽の鳥が死んだ事になったのです。
「でも、そのこわいメンドリは、どこのメンドリでしょうね?」
「えっ? ここのメンドリさんでは、ないのですか?」
「いいえ、ここではありませんよ」
「おかしいなあ、どこだろう?」
「ほんとに、どこでしょうねえ?」

 その時、ピューッと風が吹いて、ゆうべメンドリが落とした一まいの羽がヒラヒラとどこかへ飛んで行ってしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月16日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
幼稚園記念日
きょうの誕生花
冬珊瑚(ふゆさんご)
きょうの誕生日・出来事
1980年 小島 よしお (タレント)
恋の誕生日占い
神秘的な事が好きで、占いやおまじないが大好き
なぞなぞ小学校
雨の日に田んぼへ行くと、何が起きる?
あこがれの職業紹介
政治家
恋の魔法とおまじない 321
悪いことの予知
  11月16日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
いたずらを白状させる方法
きょうの世界昔話
一枚の羽
きょうの日本民話
ぐつとおかま
きょうのイソップ童話
人とキツネ
きょうの江戸小話
大事なお手本
きょうの百物語
秋芳洞の鬼女
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識