寅年の昔話寅年特集 2010年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
広 告
 


福娘童話集 >えとのおはなし >トラのお話し >トラから坊さんを助けた山犬

トラのお話し 第 4 話

トラから坊さんを助けた山犬

トラから坊さんを助けた山犬
インドの昔話インドの情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
虎の顔の折り紙とらのかお   犬の顔の折り紙いぬのかお

♪音声配信
スタヂオせんむ

 むかしむかし、一匹の悪いトラが、オリの罠にかかりました。
「助けてくれー! 外に出してくれー!」
 トラが騒いでいると、そこへ坊さんが通りかかりました。
 トラは、やさしい声で坊さんにお願いしました。
「お坊さま。どうかわたしを、ここから出してください」
 すると坊さんは、首を振って言いました。
「駄目だよ。お前は外に出たら、また悪い事をするだろう?」
「とんでもない。わたしは心優しいトラです。それに、助けていただいたご恩は一生忘れません。わたしはあなたの召使いになって、一生お仕えします。ですから、お願いです!」
 トラが泣いて頼むので、坊さんはトラが可愛そうになりました。
「お前は、それほど悪い奴ではなさそうだな。・・・よし、そこから出してやろう。その代わり、二度と悪い事をするんじゃないよ」
 こうしてオリから出してもらったトラは、お腹をかかえて笑いました。
「ワハハハハハッ。バカな坊さんだ。トラの言葉を信じるなんて。わたしはお腹がペコペコなんだ。どれ、あんなをごちそうになろうかな」
 坊さんは、ビックリして言いました。
「ま、待ってくれ。助けてやったわたしをこんな目に合わせる事が、良い事か悪い事か、みんなに聞いてみるから。その間だけ、わたしを食べないでいておくれ」
 坊さんはそう言うと、すぐそばにあった大きなぼだいじゅの木に尋ねました。
 ところが、ぼだいじゅの木は、
「わたしなんか、いつもそんな目に合っていますよ。疲れた旅人に木かげを貸してあげているのに、旅人はわたしの枝や葉をちぎってしまうのですから。良い事をしても、ひどい目に合うものです」
と、言って、トラの味方をしました。

 ガッカリした坊さんは、今度は水牛に尋ねました。
「それはお気の毒に。でも、わたしをごらんなさい。みんなはわたしがミルクを出すうちは、喜んでたくさんのエサをくれますが、ところがミルクが出なくなったとたんに、ろくにエサをくれないのですよ。良い事をしても、ひどい目に合うものです」
 この水牛も、トラの味方です。

 ガッカリした坊さんは、今度は地面の道に尋ねました。
 すると道は、苦々しく言いました。
「良い事をしたからって、お返しを望むのは無理ですよ。わたしをご覧なさい。貧しい人でも、お金持ちでも、わたしは区別をせずに通してあげているのに、人がわたしにくれる物といったら、ゴミとか、つばとか、タバコの灰ぐらいのものですよ。良い事をしても、ひどい目に合うものです」
 道も、トラの味方です。

「ああ、もう駄目だ。誰もわたしの味方をしてくれない」
 坊さんは、悲しくなりました。
 ちょうどその時、通りかかった山犬が不思議そうに尋ねました。
「お坊さん。どうしたのですか?」
「実は、わたしはもうすぐ、トラに食べられてしまうのだよ」
「へえ。どうして?」
 坊さんは、山犬にわけを話して聞かせました。
「それは不思議な話だなあ。なんだか、さっぱりわからないや」
 山犬は、頭を傾げるばかりです。
 そこで坊さんは、もう一度、話を聞かせてやりました。
「ああ、ますますわからないや。右の耳から話が入ると、左の耳から抜けてしまうよ」
 山犬は左耳を押さえると、坊さんに言いました。
「そうだ。そのトラのところに行ってみましょうよ。そうしたら、わけがわかるかもしれない」
 そこで坊さんと山犬が戻ってみると、トラはツメとキバをとぎながら、坊さんを待っていました。
「ずいぶんと遅いじゃないか。さあ、早く食わせろ!」
 坊さんは、ガタガタと震えながら頼みました。
「もうちょっとだけ待ってくれ。この山犬が、どうしても話がわからないって言っているんだ」
「馬鹿な山犬め。まあいい。ごちそうは目の前にあるんだしな」
 坊さんは、なるべく長生きをしたいので、山犬に細かいところまで残らず話してやりました。
 すると山犬は、大げさに叫びました。
「そうか! わかったぞ! 何だ、こんなに簡単な事だったのか。つまりえーと、お坊さんがオリの中にいた。そこをトラが通りかかったんですね」
「馬鹿者! このわたしがオリの中にいたんだよ」
 トラは、あきれて言いました。
「ああ、そうでした。このわたしがオリにいたんだ。いや違う、このわたしっていうのは坊さんの事ですね。お坊さんがオリにいて、トラが外を通りかかったと」
「違う! わたしっていうのは、このわたしの事だ。分からず屋め、こうなったら、分かるまでとことん話してやるぞ」
「はい、お願いします」
「いいか、よく聞けよ。ここにいるわたしは、トラさまだ」
「はい、トラさま」
「これが、坊さんだ」
「はい、坊さん」
「そしてこれがオリ。このオリの中にいたのは、このトラさまだ」
「なるほど、トラさまの中にいたのは、このオリですね」
「このマヌケ! どうやったら、オリがわたしの中に入るのだ!」
「そ、そんなに怒らないでくださいよ。だいたい、最初の最初がどうなっていたか、わからないからいけないんですよ。えーと、トラさまはどうやって、このオリに入ったんですか?」
「どうやってだって? そうだなあ。何気なく入ったと思うよ」
「何気なくとは、どういう事ですか?」
 するとトラは、オリの中へ飛び込んで見せました。
「大馬鹿者め。何気なくとは、こういう事だ」
「なるほど。それで、オリにはこの様にカギが閉まっていたのですね」
 山犬はそう言うと、オリの戸のカギを閉めてしまいました。
「そうだ。この様にオリが閉まって、出られなく・・・。あっ、しまった! この山犬め! よくも引っかけたな!」
 こうしてトラは、おとぼけのうまい山犬に閉じ込められて、もう二度と外には出られませんでした。

おしまい

前のページへ戻る

トラのお話し 12話
びょうぶのトラ
トラ退治
トラのあぶら
トラからと坊さん助けた山犬
トラが木登りの出来ない理由
トラより強いキツネ
寝ているだけの仕事
トラになった王さま
トラとキツネ
トラのはじまり
命より大事なトラの皮
キツネのトラ退治
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識