酉年の昔話酉年特集 2017年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
 


福娘童話集 >えとのおはなし >とりのお話 > 美しい鳥コンテスト

とりのお話 第 2 話

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま
イラスト myi   ブログ sorairoiro

美しい鳥コンテスト

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
カラスカラス   クジャククジャク   白鳥はくちょう

♪音声配信(html5)
亜姫の朗読☆ イソップ童話より

 むかしむかしのお話しです。
 ある日、神さまは一番美しい鳥を決める『美しい鳥コンテスト』をしようと思いつきました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 そして、一番美しい鳥には、鳥の王さまの位を与えようと言いました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 それを聞いた鳥たちは大騒ぎ。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

「やっぱり、クジャクさんが一番綺麗だよ」

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

「あら、スタイルが良いのは白鳥さんよ」

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

「いや、鳥はやっぱり歌声が綺麗でなくちゃね。ウグイスさんが選ばれるかもしれないね」

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 みんな、わいわい言いながら、美しくなろうと一所懸命に川で羽を洗いました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 でもカラスだけが、その仲間に入りませんでした。
 カラスは、全然面白くありませんでした。
 自分があまり格好良くなくて、羽の色も歌声も綺麗じゃない事を知っていたからです。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 しょんぼり川べりを飛んでいると、みんなの抜け落ちた羽がいっぱい散らばっているのを見つけました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

「・・・そうだ、こいつでみんなを騙してやれ」
 カラスは色とりどりの羽を拾い集め、全部自分の体にくっつけて飾り立てました。

 いよいよ、コンテストが始まりました。
 神さまは、あのカラスに目を止めました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

「おや、あんなに美しくて珍しい鳥がいたのか。よし、あの鳥を一番にしよう」

 カラスは大喜びで、神さまの前に進み出ました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 すると、一羽の鳥が怒り出しました。
「ずるいぞ、カラスめ! わたしの羽を返せ!」
 そう言ってカラスに飛びつき、くちばしで自分の羽を引き抜きました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 他の鳥たちもいっせいに腹を立て、カラスから自分の羽をむしり取りました。

美しい鳥コンテスト 鳥の神さま

 するとカラスは、前よりもみすぼらしい汚い姿になりました。

 人の物を借りていくらうわべを飾っても、すぐにばれてしまいます。
 そして、それがばれるとよけいみじめになってしまう。
と、いうお話でした。

おしまい

前のページへ戻る

とりのお話し 12話
したきりスズメ
美しい鳥コンテスト
ニワトリのおなら
カラスと水差し
みにくいアヒルの子
ワシとトビ
フクロウの染め物屋
ほらふきのツバメとカラス
虹の鳥
キツネとガチョウ
メンドリ小麦粒
カラスと白鳥
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト さくら
誕生日占い、職業紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識