酉年の昔話酉年特集 2017年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
 


福娘童話集 >えとのおはなし >とりのお話 > メンドリ小麦粒

とりのお話 第 11 話

メンドリ小麦粒
イラスト myi   ブログ sorairoiro

メンドリ小麦粒
イギリスの昔話 → イギリスの国情報

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、あるところに、一羽のメンドリがいました。
「ごちそうだよ。みんなおいで」
メンドリはいつも庭をつっついて、エサを見つけてはヒヨコたちに食べさせていました。

 ある日、メンドリは小麦粒が落ちているのを見つけました。

メンドリ小麦粒

「これをまくと、たくさん小麦ができるのよ。ふやしてから食べましょう」
 メンドリは、大きな声で言いました。
「小麦のタネをまくの。誰か、手伝ってちょうだい」

メンドリ小麦粒

  でも、池で遊んでいたアヒルは、
「ごめんよ、わたしはいそがしいんだから」
と、ことわりました。
 ブタは、眠そうに目を開けましたが、
「あー、あー、あー」
 あくびをしただけで、知らぬ顔です。
 ひなたぼっこのネコも、首を振って。
「いま、用があるのよ」
 誰も手伝ってくれないので、メンドリは一人で小麦のタネをまきました。

メンドリ小麦粒

 やがて小麦が、たくさん実りました。
 そこでメンドリは、みんなを呼びました。
「小麦を、かり取るの。誰か、手伝ってちょうだい」

メンドリ小麦粒

  するとアヒルは、
「いま、泳ぎをならっているところ」
と、言いました。
 ブタは、
「ぼく、今はごちそうを食べているので、いけないの」
 ネコは、
「わたし、毛皮をみがいているの。だめよ」
 しかたなくメンドリは、1人でせっせと小麦をかり取り、粉屋さんに持って行きました。

メンドリ小麦粒

 間もなくメンドリは、まっ白になった粉の袋をかついで帰ってきました。
 そして、大声で言いました。
「おいしいパンを焼くのよ。誰か、手伝ってちょうだい」

メンドリ小麦粒

 すると、アヒルは、
「そんなめんどうな事は、大きらい」
 ブタは、
「そんなしんどい事は、大きらい」
 ネコは、
「そんなじゃまくさい事は、大きらい」
 誰も、手伝ってくれません。
 しかたなくメンドリは、1人でパンを焼きました。

メンドリ小麦粒

 とってもいい香りのパンが、焼き上がりました。
「さあ、子どもたち。パンを食べましょう」
 メンドリとヒヨコたちがパンを食べ始めますと、みんなが集まってきました。

メンドリ小麦粒

 アヒルが、
「おいしそうね。そのパンを、わたしにもくださいな」
 ブタが、
「うまそうだな。そのパンを、ぼくにもくださいな」
 ネコが、
「いい香りね。そのパンを、わたしにもくださいな」
 すると、メンドリが言いました。
「いいですよ。このパンを作るのを手伝ってくれた人から、順番にあげます。さあ、誰が最初に手伝ってくれましたか?」

メンドリ小麦粒

 それを聞いて、アヒルもブタもネコも、恥ずかしそうに帰って行きました。

おしまい

前のページへ戻る

とりのお話し 12話
したきりスズメ
美しい鳥コンテスト
ニワトリのおなら
カラスと水差し
みにくいアヒルの子
ワシとトビ
フクロウの染め物屋
ほらふきのツバメとカラス
虹の鳥
キツネとガチョウ
メンドリ小麦粒
カラスと白鳥
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト さくら
誕生日占い、職業紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識