丑年の昔話丑年特集 2009年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
広 告
 


福娘童話集 >えとのおはなし >うしのお話し >ウシ飼いと裁判官

牛のお話し 第 3 話

ウシ飼いと裁判官

ウシ飼いと裁判官
ボスニアの昔話 → ボスニアの国情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
牛の折り紙うし

♪朗読配信
download
企画・制作:A'sf

 むかしむかし、ある貧乏な男がお金持の裁判官に、ウシ飼(か)いとしてやとわれました。
 ウシ飼いは、やせ細ったウシを一頭持っていました。
 そのウシを、いつも主人のウシと一緒に、牧場に連れて行きました。
 ある日の事、どうしたことか、主人のウシとウシ飼いのウシが、けんかをはじめました。
 そして、やせっぽちで弱いはずのウシ飼いのウシが、主人のウシをツノで突き殺してしまいました。
 ウシ飼いは、主人の裁判官のところへかけつけました。
「ああ、おなさけ深いだんなさま。たいヘんな事がおこりました。どうか公平(こうへい)に、おさばきくださいませ」
「よろしい。話してみなさい」
「実はは、今日、牧場でだんなさまのウシが、わたくしめのウシとけんかをしまして、わたくしめのウシを突き殺してしまいました。神さまは罪をおかしたウシに、どんな罰をおくだしになるのでしょうか?」
「まて、まて。はじめから、くわしく調べよう。わしのウシは、おまえのウシをにらんだかね」
「いいえ、だんなさま」
「わしのウシが飛びかかったとき、おまえのウシは、モーと、ないたかね」
「はい、だんなさま」
「では神にちかって、正直に言うのだぞ。おまえのウシが、わしのウシを怒らせたのだろう」
「そんな事はわかりません。だんなさま。モーと言ったのが、どんなわけかなんて、調べられませんよ」
「それでは、どっちが悪かったのか、おまえにはわからないのだな」
「はい、だんなさま」
「どちらが悪かったのか、わからないとすれば、罰(ばつ)する事もできない。動物をさばく事など、できると思うか?」
「そのとおりでございます。だんなさま。まったく、公平におさばきくださいました。ただ、あの・・・」
「なんだ。まだ用があるのか?」
「あの、いま思い出したのでございます。わたくしが、考えちがいをしておりました。わたくしめのウシが、だんなさまのウシを、殺してしまったのでございます」
「なんだと。そうか。では、神がおまえのウシに、どんな罰をおくだしになるか、本で調べよう」
「おや? だんなさま。あなたさまのウシが罰をうけなくてよいのなら、わたくしのウシもうけなくてよろしいでしょう。動物をさばくことなど、できるとお思いですか?」
「そっ、それは・・・。そのとおりだ」
 裁判官は、それ以上、もう、何も言えませんでした。

おしまい

※ この「牛飼いと裁判官」の朗読は、以下の方々により、ご提供を受けた作品です。

「牛飼いと裁判官」(ボスニアの昔話)

出演:山口真依
音楽・演出:thin-p@A'sf
企画・制作:A'sf

おはなしパタくんへのリンクURL
http://patakun.cocolog-nifty.com/blog/

A'sf へのリンク
http://thin-p.air-nifty.com/

前のページへ戻る

うしのお話し 12話
メスウシとライオン
牛のはなぐり(吉四六話)
ウシ飼いと裁判官
逃げた黒牛(吉四六話)
ウシと車軸
牛の恩返し
黒ウシの助け
牛に引かれて善光寺参り
ライオンとウシ
円海長者の大赤牛
ウシと野生のヤギ
牛になるまんじゅう
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識