福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 1月の日本昔話 > じっと見つめていました

1月5日の日本の昔話

じっと見つめていました

じっと見つめていました
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
柿の折り紙かき

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 その吉四六さんが、まだ子どもの頃のお話です。

 ある秋の事。
 家の人はみんな仕事に出かけるので、吉四六さんが一人で留守番をする事になりました。
 出かける前に、お父さんが言いました。
「吉四六や、カキがもう食べられる。明日木から落とすから、今日は気をつけて見ていてくれ」
「はい。ちゃんと見ています」
 吉四六さんは、元気な声で返事をしました。
 でも、食べられるカキがいっぱいあるのに、黙って見ている吉四六さんではありません。
 お父さんたちの姿が見えなくなると、さっそく村の中を走り回りました。
「おーい、家のカキがもう食べられるぞ。みんな食べに来い」
 これを聞いた村の子どもたちは、大喜びで吉四六さんの家にやって来ました。
 そして、長い棒でカキを落とすと、みんなでお腹一杯食べてしまったのです。

 さて、夕方になってお父さんが家に戻ってくると、吉四六さんは柿の木の下に座っていました。
「お前、一日中そうやっていたのか?」
「はい。だって、気をつけて見ていろと言うから、ジッと柿の木を見ていたんです」
「そうか。偉いぞ」
 感心したお父さんが、ふと柿の木を見上げて見ると、カキの実がずいぶんと減っています。
「おや?
 カキの実がずいぶん減っているな。
 これは、誰かが取って行ったに違いない。
 おい吉四六、これはどうした事だ?」
 すると吉四六さんは、平気な顔で言いました。
「はい、村の子どもたちが次々と来て、棒を使ってカキの実をもいでいきました。
 私は言われた通り、気をつけて見ていたから間違いありません」
「とほほ。・・・カキ泥棒が来ないよう、気をつけて見ていろと言ったのに」
 お父さんはそう言って、ガックリと肩を落としました。

おしまい

前のページへ戻る


     1月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
イチゴの日
きょうの誕生花
裏白(うらじろ)
きょうの誕生日・出来事
1941年 宮崎駿(アニメ作家)
恋の誕生日占い
パワフルで行動力がありすぎる
なぞなぞ小学校
山や里にあって、町にない野菜は?
あこがれの職業紹介
字幕翻訳家
恋の魔法とおまじない 005
両思いになれる おまじない(緑の色ペン)
  1月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
じっと見つめていました
きょうの世界昔話
ワタの花と妖精
きょうの日本民話
トラとキツネ
きょうのイソップ童話
お百姓と息子たち
きょうの江戸小話
たこあげ
きょうの百物語
千本木さん
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識