福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 1月の日本昔話 >芝居見物 吉四六(きっちょむ)話

1月6日の日本の昔話

芝居見物

芝居見物
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある日、臼杵(うすき→大分県)の町に、都から芝居がやって来ました。
 この辺りでは、これほどの大芝居は初めてです。
 毎日多くの人が押しかけ、うわさを聞いた吉四六さんも、臼杵まで山を越えてやって来ました。
 町に着くと、大きな芝居小屋がたっていました。
 芝居小屋の前には役者の名をそめたのぼりが立っていて、入口には綺麗な絵看板が並んでいます。
 吉四六さんは、さっそく入ろうと思いましたが、
「しまった!」
 かんじんのお金を、忘れてきたのです。
「これでは、入る事は出来んな」
 そこで吉四六さんはあれこれと考えて、一つの名案を思いつきました。
「よし、この手でいこう」

 吉四六さんは人混みに紛れて芝居小屋の入口までやって来ると、くるりと向きを変えて、わざと大きな声で言いました。
「どうしたのかなー! あいつはー!」
 そして、人を探すふりを始めたのです。
 まるで人を探しながら、今、この芝居小屋の中から出てきたと言わんばかりです。
 キョロキョロしている吉四六さんの後ろに、芝居小屋へ入ろうとする大勢のお客が詰めかけてきました。
 それでもまだ、
「来ないなあー! あいつー!」
と、わざと入ってくる人の邪魔をする様にしていると、芝居小屋の番人がやって来て、
「もしもし、そこの人。
 出るのかね?
 入るのかね?
 出るなら出る、入るなら入るで、早くしておくれよ。
 邪魔になるじゃないか」
 すると吉四六さんは、すまなそうに言いました。
「いやー、連れとはぐれたんだが。
 ・・・仕方ない、中で待つとするか」
 こうして吉四六さんは芝居小屋に入って行き、ただで芝居見物をしたのです。

おしまい

前のページへ戻る

     1月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
東京消防出初め式の日
きょうの誕生花
譲葉(ゆずりは)
きょうの誕生日・出来事
1989年 亀田 大毅 (ボクシング)
恋の誕生日占い
裏表のない性格で、自分の思った通りに行動します。
なぞなぞ小学校
ネズミが4匹で食べる食べ物は?
あこがれの職業紹介
女優
恋の魔法とおまじない 006
好きな人と近くの席になれる呪文
  1月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
芝居見物
きょうの世界昔話
ホジャおじさんのズボンと上着の買い物
きょうの日本民話
朝寝坊山の引っ越し
きょうのイソップ童話
キツネとイヌ
きょうの江戸小話
平林
きょうの百物語
チロリン橋
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識