福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 > 馬に乗る

3月5日の日本の昔話

馬に乗る

馬に乗る
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 さて、今日は朝から良い天気なので、吉四六さんはウマを引いて山をテクテク登って行きました。
 たきぎを取りに来たのです。
「ほう、良いたきぎがあるわ」
 吉四六さんは、オノでポンポンと枯れ木の枝を切っていきます。
 しばらくして、たきぎがいっぱいたまりました。
「よしよし、今日は思ったよりも、たくさん取れたぞ」
 吉四六さんは喜んで、それらを縄で結んでいくつものたきぎの束(たば)を作りました。
「さあ、これを背負っておくれ」
と、そのたきぎの束をみんな、ウマの背中へ積み上げました。
 やせたウマはたくさんのたきぎを背負って重いので、まるで地面をはいずるような格好になりました。
 でも、のんきな吉四六さんは、そんな事を気にもしないで、
「では、帰るとしようかな」
と、ウマの腰を、ポンポンと叩きました。
 ウマは仕方なく、ヨタヨタしながら山の坂を下りて行きます。
 そしてその坂の途中まで来た時、吉四六さんはやっと、ウマの歩き方がノロノロしている事に気がつきました。
「おや、何だかヨタヨタしているなあ。おおっ、そうか、そうか。これは気がつかなくて悪かった。こんなにたくさん荷物を背負っては、さぞ重かったろうなあ」
 そして、ウマの首をなでながら、
「だが、もう安心しろよ。わたしも手伝ってやる。そのたきぎを少し背負ってやるからな」
と、吉四六さんはウマの背中から、たきぎを二束ほど下ろしてやりました。
 そしてそれを、
「うんとこしょ!」
と、自分の背中に背負いました。
 それからウマと一緒に歩いて行くのかと思いきや、そうではありません。
 たきぎを背負った吉四六さんは、そのまま自分もウマの背中の上に乗ったのです。
「たきぎを二束も背負うと、なかなか重いものだわい」
 吉四六さんは汗をかきながら、ウマの背中に乗っています。
「だが、わたしがこれだけでも手伝ってやれば、ウマも助かるだろう」
 吉四六さんは、安心した様な顔をして言いますが、でもウマは、そんな吉四六さんとたきぎを乗せて、前よりも、もっとヨタヨタしながら歩いて行きました。

おしまい

前のページへ戻る


     3月5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
珊瑚の日
きょうの誕生花
君子蘭(くんしらん)
きょうの誕生日・出来事
1985年 松山 ケンイチ (俳優)
恋の誕生日占い
頭が良くて計算高く、豊かな感性の持ち主
なぞなぞ小学校
どんなに大きく出しても、決して見えない物は?
あこがれの職業紹介
ペットショップスタッフ
恋の魔法とおまじない 065
クラブ活動・習い事が上手になるおまじない
  3月5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
馬に乗る
きょうの世界昔話
おばあさんの時計
きょうの日本民話
観音さまと殿さま
きょうのイソップ童話
戦争の神とらんぼうの女神
きょうの江戸小話
春はさぞかし
きょうの百物語
どくろのお経
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識