福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 > イノシシを退治した、お墓の侍

4月6日の百物語

イノシシを退治した、お墓の侍

イノシシを退治した、お墓の侍
静岡県の民話静岡県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、伊豆(いず→静岡県の東部、伊豆半島および東京都伊豆諸島)の小さな村の竹やぶに、生きている時は凄腕と評判だった(さむらい)のお墓(はか)がありました。

 このお墓のある竹やぶでは、とてもおいしいタケノコが取れるのですが、食べ頃になるといつもイノシシたちが先にやって来て、タケノコを食い荒らしてしまうのです。
 お墓を管理しているお寺のお坊さんは、くやしくてたまりません。
 そこでつい、お坊さんは侍のお墓に向かって文句を言いました。
「聞くところによると、あんたは何人もの悪人をやっつけて、その勇敢(ゆうかん)な行いで褒美をもらったそうではないか。
 そんなあんたが、死んでしまったとはいえ、イノシシさえ追い払う事が出来んのか?
 知っての通り、わしの寺は貧乏寺だ。
 ここのタケノコを売って、何とか暮らしておるのだ。
 しかし、このざまではどうにもならん。
 今度こんな事があったら、備え物のお茶を出してやらんぞ。
 いいや、この墓を壊してくれようぞ!」

 さて、その言葉をお墓の中の侍が聞いていたのか、次の日の朝、お坊さんが新しいタケノコを探しに竹やぶへ行ってみると、あの侍のお墓の前に、大きなイノシシが何匹も死んでいたのです。
「まさか、本当にイノシシを退治してくれるとは」
 お坊さんはびっくりしながらも、お礼に侍のお墓をピカピカに掃除すると、お茶と一緒に饅頭も供えました。

 そして次の年の春からは、不思議な事にイノシシが竹やぶに近づかなくなり、おいしいタケノコがたくさん取れる様になったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     4月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
コーンビーフの日
きょうの誕生花
木付子(きぶし)
きょうの誕生日・出来事
1976年 こじまいづみ (歌手)
恋の誕生日占い
落ち着いた性格で、よく考えてから行動します
なぞなぞ小学校
稲には出来ない事は?
あこがれの職業紹介
パン販売員
恋の魔法とおまじない 097
言い伝え、銀色の鈴の音
  4月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
キツネの仕返し
きょうの世界昔話
スズの兵隊
きょうの日本民話
赤児の授かり小判
きょうのイソップ童話
ライオンを見た事のないキツネ
きょうの江戸小話
饅頭(まんじゅう)の試し切り
きょうの百物語
イノシシを退治した、お墓の侍
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識