福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > カッパのわび証文

9月18日の百物語

カッパのわび証文

カッパのわび証文
山形県の民話山形県情報

 むかしむかし、最上川(もがみがわ→山形県)のほとりに庄屋(しょうや)の家があり、庄屋さんには美しい一人娘がいました。
 その一人娘が最近元気がなくなり、顔色も青ざめてきたのです。
 医者に見せても病気ではないというし、娘にどこか具合が悪いかと聞いても首を横に振るだけです。
 困った庄屋さんは、知り合いの巫女(みこ)に娘をみてもらいました。
 すると巫女は、娘を一目見て言いました。
「娘さんは、カッパに見込まれて術をかけられています。
 わたしの力では無理ですが、法力のあるお坊さまなら、道切り(みちきり)の呪文(じゅもん)でカッパを捕まえる事が出来るでしょう」
 そこで庄屋さんは、古いお寺の和尚(おしょう)さんに道切りの呪文を頼みました。
「よろしい。カッパが人間の女に心を寄せるなど、とんでもない事。こらしめてやりましょう」
 和尚さんはカッパのいる川に行って、道切りの呪文を唱え始めました。
 すると不思議な事に、川の水がみるみる減り始めたのです。
 川の水が減って川幅がせまくなると、和尚さんは川に向かって大声で叫びました。
「カッパよ!
 庄屋の娘の術を解き、二度と人間に悪さをしないと約束せい!
 明日の朝までに約束の証文(しょうもん)を持って来ない時は、川の水を枯らしてくれようぞ!」
 すると川の底から、苦しそうな声が聞こえてきました。
「悪かった。明日の朝、必ず証文を持っていこう」

 庄屋さんが家に帰ると、カッパにかけられた術がとけたのか、娘はすっかり元気になっていました。

 次の朝、和尚さんが山門に出てみると、一巻のわび証文が置いてあり、それからカッパが人間に悪さをする事はなかったそうです。

 今でも高畠町糠野目(たかはたちょうぬかのめ)のあるお寺には、このカッパのわび証文が残されているという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     9月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
かいわれ大根の日
きょうの誕生花
鳳仙花(ほうせんか)
きょうの誕生日・出来事
1961年 中井貴一(俳優)
恋の誕生日占い
ミステリアスな雰囲気がある、おしゃれな女の子
なぞなぞ小学校
道に立ってタクシーを止めるのに、タクシーには絶対に乗らないのは?
あこがれの職業紹介
ニュースキャスター
恋の魔法とおまじない 262
運気を改善するおまじない
  9月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
白ナス
きょうの世界昔話
寿命
きょうの日本民話
ウシの恩返し
きょうのイソップ童話
北風と太陽
きょうの江戸小話
拾い屋
きょうの百物語
カッパのわび証文
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識