福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 9月の江戸小話 > 拾い屋

9月18日の小話

拾い屋

拾い屋

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
虎の顔の折り紙さいふ

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 悠が童話を読んでみます

 あるところに、貧乏長屋(びんぼうながや)がありました。
 その長屋に、茂作(もさく)という男がこしてきました。
 ところがこの男、いったい何をして暮らしているのやら、毎朝早く出かけては日のくれに帰ってきますが、商売道具一つ持って行きません。
 不思議でならない家主(やぬし→大家)の親父が、あるとき聞いてみました。
「おらの商売か? おらの商売は、拾い屋だ」
「拾い屋? はて、それはどういう事だ?」
「なあに、毎日町ん中を歩いて回れば、何か一つは拾うて帰れるもんだ。おら、それで暮らしてるんだ」
「・・・・・・?」
 親父には、よく意味がわかりません。
(ようし、それならひとつ)
と、親父は次の朝早く、茂作のあとをそっとつけていきました。

 そんな事とはつゆ知らず、茂作は通りをまっすぐ歩いていきます。
 町の中ほどをすぎても相変わらず、てくてく歩いていくばかり。
 やがて神社(じんじゃ)の境内(けいだい)を通り、隣の町までやって来ましたが、何一つ拾うようすはありません。
 こんなちょうしで町という町を全部歩き回るうちに、夕方になりました。
 茂作もあきらめたのか、やっと家にもどる様子です。
 おかげで親父もくたびれ果ててもどってきましたが、ハッと気がつくと、どうやらふところのお金を二百文を落としていました。
「あいつのせいで、ろくなことはねえ」
と、一人言をいっていると、そこヘ茂作が帰ってきました。
(腹は立つが、文句をいうわけにはいかんわい)
 親父は知らん顔で、言いました。
「今日はええ日よりで人も多かったろうし、さぞええ物を拾ったろう」
「それが親父どん、今日はいつになく不景気じゃった。けれども、帰りがけにそこの路地(ろじ→せまい道)で二百文を拾うたんで、まあ、一日歩いたかいはありました」

おしまい

前のページへ戻る


     9月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
かいわれ大根の日
きょうの誕生花
鳳仙花(ほうせんか)
きょうの誕生日・出来事
1961年 中井貴一(俳優)
恋の誕生日占い
ミステリアスな雰囲気がある、おしゃれな女の子
なぞなぞ小学校
道に立ってタクシーを止めるのに、タクシーには絶対に乗らないのは?
あこがれの職業紹介
ニュースキャスター
恋の魔法とおまじない 262
運気を改善するおまじない
  9月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
白ナス
きょうの世界昔話
寿命
きょうの日本民話
ウシの恩返し
きょうのイソップ童話
北風と太陽
きょうの江戸小話
拾い屋
きょうの百物語
カッパのわび証文
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識