福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話 > 商売仲間

6月14日の小話

商売なかま

商売仲間

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 ある町に、お茶売りがやってきて、
「新茶は、いかがですか。かおりのいい、新茶は、いかがですか」
と、声を張り上げると、すぐうしろから粉をふるう、『ふるい』という道具を売る男が、
「えー、ふるい。ふるい」
と、声を張り上げて、ついてきます。
「新茶ぁー、新茶ぁー」
「ふるーい、ふるーい」
 町の人たちはこの売り声に、首をひねりました。
「なんだ? 新茶だか、古いお茶だか、さっぱり分からんぞ」
 おかげで、お茶はぜんぜん売れません。
 お茶売りは、ふるい売りに文句を言いました。
「やい! お前が、『ふるい、ふるい』と言うもんだから、おれの新茶がちっとも売れんではないか! 商売のじゃまをするつもりか? もっと、はなれて歩け!」
 ふるい売りも、負けずに言いました。
「ふるい売りが、『ふるい、ふるい』と言って、何が悪い」
「何だと、このやろう!」
「何っ、やるか!」
 二人は商売そっちのけで、けんかをはじめました。
 するとそこへ、
「待て待て、けんかをやめんか」
と、くず鉄などを買って歩く、古金屋が入ってきました。
「たしかに、新茶とふるいでは、けんかになるのも無理はないな。しかし、おれが仲間に入れば、商売がうまくいくにちがいない」
「それは、どういうわけだ?」
「うむ、かけ声の順番をこうするのだ」

 古金屋の説明に、二人はなっとくして商売を開始しました。
 まずは、ふるい売りが、
「ふるーい、ふるーい」
 その次に、古金屋が、
「ふるかねぇ、ふるかねぇ」
 最後に、お茶売りが、
「新茶ぁ、新茶ぁ」
 この変わった呼び声に、町の人たちが大いに集まって、三人はとてもよい商売をしたのです。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     6月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
フラッグデー
きょうの誕生花
下野(しもつけ)
きょうの誕生日・出来事
1998年 中川大志(俳優)
恋の誕生日占い
1人で何でもこなす、高い実力と行動力の持ち主
なぞなぞ小学校
どんなにお金を入れても、重さが変わらない物は?
あこがれの職業紹介
音楽プロデューサー
恋の魔法とおまじない 166
美人になるおまじない
  6月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウサギとカメのその後のお話し
きょうの世界昔話
イリーサのおまんじゅう
きょうの日本民話
宝のどんぶり
きょうのイソップ童話
カとウシ
きょうの江戸小話
商売仲間
きょうの百物語
息を吹きかける亡者
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識