福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 > 宝のどんぶり

6月14日の日本民話

宝のどんぶり
イラスト 知瑛美  サイト 昔話で販促!

宝のどんぶり
福井県の民話福井県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 むかしむかし、鯖江(さばえ)の城下町(じょうかまち)に、

宝のどんぶり

 五郎兵衛(ごろべえ)という男が住んでいました。

 五郎兵衛はなまけ者で少しも働こうとはせず、

宝のどんぶり

 家にある品々を売って毎日を食いつないでいました。

 そんなある日、とうとう家の中はふとん一枚が残るだけになりました。

宝のどんぶり

 さすがの五郎兵衛も、ふとんにあおむけになりながら考え込んでしまいました。
「もうこれ以上、売る物がない。どうしようか?」

宝のどんぶり

 その時ふと、天井からぶらさがっている小箱が目に止まりました。
「あった! あの箱を売ればいい。・・・いや、まてよ」
 その箱は先祖代々(せんぞだいだい)、貧乏になって家をなくす時まで開けてはならないと伝えられている事を思い出しました。
 しばらくの間、五郎兵衛は箱をにらんでいましたが、
「ええい、こんな時だ。ご先祖さまだって文句はいうまい」
と、さっさと箱を開けてしまいました。
 すると箱の中には、薄汚れたどんぶりが一つ入っているだけです。

宝のどんぶり

「ちぇっ、こんな物、何にもならないや。
 ・・・まてまて、人のいい長者(ちょうじゃ)の源(げん)さんなら『家宝(かほう)だ』と言えば、少しぐらいのお金をくれるだろう」
 五郎兵衛はさっそく、長者のところへ持っていきました。

宝のどんぶり

 長者は家宝まで売りにくる五郎兵衛をあわれに思い、薄汚れたどんぶりと米五俵(ひょう)を代えてくれました。

 さて、その年の秋祭りの日に、長者がたくさんのお客を家に呼びました。

宝のどんぶり

 そしてなにげなく五郎兵衛のどんぶりを、みんなに見せました。
「長者さん、これが家宝だって? 

宝のどんぶり

 どんぶりの底に、コイの染付(そめつけ)があるだけじゃないか。
 水でも入れたら、何か変わった事でもおきるのですかい?
 たとえば、染付のコイが泳ぎだすとか?」
と、客に冗談半分に言われた長者は、
「そうだな。そうかもしれないぞ」
と、どんぶりに水を入れてみました。

宝のどんぶり

 すると不思議な事に、コイの染付がむくむくと動き出して、ピシャンと空中に飛びはねたのです。

宝のどんぶり

「なんと、これは!」
 一同は、ビックリです。
 長者はその不思議などんぶりを、五郎兵衛に返しました。
 五郎兵衛は何度も水を入れてみましたが、ただのどんぶりでした。

宝のどんぶり

 でも長者が水を入れると、コイがちゃんと泳ぎ出すのです。
 それを見た五郎兵衛は、
(これは、ご先祖さまのいましめにちがいない)
と、思い、それからはまじめに働いたという事です。

おしまい

前のページへ戻る

     6月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
フラッグデー
きょうの誕生花
下野(しもつけ)
きょうの誕生日・出来事
1998年 中川大志(俳優)
恋の誕生日占い
1人で何でもこなす、高い実力と行動力の持ち主
なぞなぞ小学校
どんなにお金を入れても、重さが変わらない物は?
あこがれの職業紹介
音楽プロデューサー
恋の魔法とおまじない 166
美人になるおまじない
  6月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウサギとカメのその後のお話し
きょうの世界昔話
イリーサのおまんじゅう
きょうの日本民話
宝のどんぶり
きょうのイソップ童話
カとウシ
きょうの江戸小話
商売仲間
きょうの百物語
息を吹きかける亡者
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識