福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > 息を吹きかける亡者

6月14日の百物語

いきをふきかける亡者

息を吹きかける亡者
青森県の民話青森県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、陸奥の国(むつのくに→青森県)の真行寺(しんぎょうじ)に、修行中の若い僧がいました。

 ある冬の日の事、若い僧が夜遅くまで一人で勉強をしていると、部屋のしょうじに人の様な影がうつりました。
(はて、こんな夜中に何者だろう?)
 若い僧は、しょうじのすき間に目をあてました。
 するとそこには、まるで幽霊の様な女が手をだらりと前に下げ、うらみを込めた青白い顔で立っていたのです。
(もっ、亡者(もうじゃ)!?)
 若い僧は怖くなり、頭からふとんをかぶりました。
 そして、しばらくすると、
 ヒューゥ、ヒューゥ。
と、すき間風の様な音が聞こえてきます。
 若い僧が恐る恐るふとんから顔を出してみると、あの女がしょうじの破れたところに口を当てて、部屋の中に白い息を吹き込んでいるのです。
 その息は雪の様に冷たく、部屋の中はどんどん冷えていきました。
(こっ、このままでは殺される)
 若い僧はふとんにもぐったまま、一心(いっしん)にお経(きょう)を唱えました。
 すると女はお経が苦手なのか、息を吹き込むのをやめて部屋の前を離れていきました。
(助かった)
 若い僧はホッとしてふとんからはい出すと、そっとしょうじを開けてみました。
 すでに女の姿はなく、台所の方から火の明りがもれています。
(おや? まだ誰か起きているようだ。ちょうどいい、少し暖まらせてもらおう)
 若い僧は寒さに手をこすりながら、台所へ行きました。
 ところが、かまどに火が燃えているのに誰もいません。
(おかしいな。・・・まあいいか)
 若い僧はかまどに近づくと、かまどの火に手をかざそうとしました。
 すると突然、目の前にさっきの女が現れて、ニヤリと笑いかけたのです。
 若い僧は、
「あっ!」
と、叫んだきり、そのまま気を失ってしまいました。

 やがて夜が明けて、朝食係りの僧たちが、かまどの前で倒れている若い僧を見つけました。
「おい、どうした? しっかりしろ!」
 その声に気がついた若い僧は、昨日の事をみんなに話した後、十日間も寝込んでしまったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     6月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
フラッグデー
きょうの誕生花
下野(しもつけ)
きょうの誕生日・出来事
1998年 中川大志(俳優)
恋の誕生日占い
1人で何でもこなす、高い実力と行動力の持ち主
なぞなぞ小学校
どんなにお金を入れても、重さが変わらない物は?
あこがれの職業紹介
音楽プロデューサー
恋の魔法とおまじない 166
美人になるおまじない
  6月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウサギとカメのその後のお話し
きょうの世界昔話
イリーサのおまんじゅう
きょうの日本民話
宝のどんぶり
きょうのイソップ童話
カとウシ
きょうの江戸小話
商売仲間
きょうの百物語
息を吹きかける亡者
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識