昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 日本民間故事 > 一月

1月13日の日本民話
(1月13日的日本民間故事)
和尚さんの三つの忠告

和尚さんの三つの忠告
囑咐再三

日本語 ・日本語&中国語

♪音声配信(html5)
朗読者 : ☆横島小次郎☆

むかしむかし、あるお寺に、和尚さんと小僧が住んでいました。
到好久以前、這廟裡面就有老和尚和小和尚。

ある日の事、小僧が修行の旅に出る事になり、それを見送りに行った和尚さんが小僧に言いました。
有天這小和尚也有本事可以下山弘法啦、老和尚就送小和尚下山、交待了。

「小僧よ。途中でどんな事があっても、柱のない家に宿をとるでないぞ」
記到啊、下山的時候邏住處、屋裡㫘得柱子的屋千萬不要住。

(柱のない家? そんな家なんかあるものか)
㫘得柱子這屋子怎麼搭得起來啦、小和尚就覺得這事真怪。

小僧はそう思いましたが、
但嘴巴裡面也㫘反駁。

「はい、分かりました」
就只講了句好。

と、返事をして旅立とうとすると、さらに和尚さんが言いました。
這就準備下山了、老和尚又交待。

「旅に出て宿をとった時、亭主よりも女房の方が大事にしてくれる家には気をつけるんだぞ」
下山去邏住處的時候、這要是堂客比主人還要親切的屋千萬要小心啦。

「? ・・・はい、分かりました」
小和尚又想、這又是甚麼名堂、但也只是應了聲好。

意味がよくわかりませんが、小僧が返事をして旅立とうとすると、また和尚さんが言いました。
這就準備幫山下了、老和尚又講話了。

「ネズミと言うやつは年を取ると『こうすい』と言う化け物になって天井裏にひそみ、人を捕って喰うそうだ。
這老鼠成精變成鼠王就喜歡躲到天花板上面的、千萬要小心、鼠精是吃人的啦。

天井裏がゴソゴソ言ったら、くれぐれも気をつけるんだぞ」
天花板裡面一有動靜千萬莫大意啦。

「はい、分かりました」
好、我曉得了。

小僧はそう言って、やっとお寺を出て行きました。
老和尚囑咐再三、小和尚終於是脫身了。

小僧が峠道を歩いていると、突然の夕立が降ってきました。
小和尚這到坡上走啊走、這天上就突然開始下顆顆雨了。

「大変だ! どこかに雨宿りが出来るところは?」
小和尚一看下雨、馬上過急了、這就想邏地方躲雨。

小僧が周りを見渡すと崖の土をかき出して作ったほら穴があったので、小僧は雨が止むまでほら穴で雨宿りをする事にしました。
邊上看了一圈、這就有哪個幫山壁上挖了個窯洞、小和尚跟到就躲進去了。

その時ふと、小僧は和尚さんの言われた事を思い出しました。
這人一進洞、一哈想起老和尚的交待。

「和尚さんは『柱のない家に宿をとるな』と、言われていたな。このほら穴を家と考えると、ここは柱のない家じゃないか」
千萬不要住㫘得柱子的屋、這山洞不就是講的這條啊。

そこで小僧がほら穴から飛び出すと、そのとたんにほら穴の天井が『ズドーン!』 と崩れ落ちたのです。
小和尚就馬上飛奔、剛出洞一踋這過塌方了。

もしも飛び出すのがもう少し遅ければ、小僧は生き埋めになっていたでしょう。
要是稍微慢了個一步、這人就已經著埋進去了。

「和尚さま、ありがとうございます」
小和尚這就感謝師傅啦。

小僧はお寺の方角に手を合わせると、また旅を始めました。
對到廟的方向跟老和尚做了個揖、這就又開始下山了。

その日の夕暮れ、小僧は一軒の家に泊めてもらう事になりました。
天快黑落去了、小和尚也是邏到了一間願意留自己的屋。

その家の女房は小僧の為にお風呂をわかしてくれたり、ごちそうを出してくれたりと、とても親切にしてくれます。
女主人又是幫小和尚燒水又是𤏪(音ナゥ)飯、對他好服侍。

でも亭主は囲炉裏(いろり)にあたっているばかりで、小僧の方を見ようともしません。
但是主人就一直窩到火塘幫火烤到的、對小和尚是瞭都不瞭。

小僧はふと、和尚さんに言われた事を思い出しました。
小和尚這一哈就想起老和尚的話了。

「和尚さんは『亭主より女房の方が大事にしてくれる家には気をつけろ』と言っていたが、この家の事かな?」
比起主人、堂客更是在意、不就講的是這條屋啊。

そこで小僧は布団に入ると、用心深く辺りを見回しました。
小和尚進了鋪蓋、幫邊上都好生謹慎到的。

すると天井の板に丸い穴が開いていて、それが寝ている自分の心臓の真上だと気づいたのです。
這就一看天花板子上面怎麼一條洞開到得啦、剛好還就對到自己心口的位置。

「どうも、不自然な穴だ」
這洞好鬼哦。

小僧はふとんの中に枕を入れると人が寝ている様なふくらみを作って、自分は用心の為に部屋のすみで寝ました。
小和尚為了小心起見、幫枕頭往鋪開裡面一塞、裝成是自己睡覺的樣子、自己偷偷跑到房間角角睡去了。

その真夜中の事、その天井の穴から槍が飛び出してきて布団を突き刺したのです。
這就半夜、天花板子上面那條洞就一把槍飛過來、對到鋪蓋就是一據。

この家は旅人を殺して金品を奪う、盗賊の家だったのです。
這是條殺人越貨的賊頭屋。

命拾いをした小僧はあわてて逃げ出すと、お寺の方角に手を合わせました。
這一槍落來小和尚是跟到跑、撿回一條狗命、又是對到廟方向做了個揖。

「和尚さま、ありがとうございます」
感謝師傅。

次の日、小僧は一軒の古寺を見つけて、そこで一晩を過ごす事にしました。
這就第二天、小和尚訪得一件老廟、今天就準備留這裡面了。

「ここなら柱もあるし、亭主も女房もいないから大丈夫だろう」
這廟裡面有柱子、也㫘看到有人、應該可以放心。

小僧が安心して寝ていると、天井裏で何かがゴソゴソとはいずり回り、今にも襲いかかってきそうな気配です。
小和尚這就安心一躺、天花板裡面這就達達開始響了、像是馬上就要出來條甚麼東西樣的。

小僧はふと、和尚さんに言われた事を思い出しました。
小和尚一哈又想起老和尚交待的最後件事了。

「和尚さんは『ネズミは年を取ると『こうすい』と言う化け物になって天井裏にひそみ、人を捕って喰う』と言っていたな。
老鼠成精幫人吃。

もしかすると、これが『こうすい』という化け物か?
這上面莫興就是一條老鼠精啦。

もしそうなら、こうすいはネズミが化けた物だから、ネコを怖がるに違いない」
要是老鼠那就肯定怕貓。

そこで小僧は、
小和尚

♪ニャーオ
♪ニャーオ
喵喵喵喵喵喵喵

と、ネコの鳴き真似をしました。
這就學貓叫。

すると天井裏にひそんでいた物は、『チュー!』と悲鳴を上げてどこかへ逃げて行きました。
這上面的老鼠精一聽貓到、吱一聲過跑了。

「やっぱり、こうすいだった」
果然是老鼠精

小僧はお寺の方角に手を合わせると、
小和尚這就又對到廟方向作了個揖

「和尚さま、ありがとうございます」
感謝師傅。

と、言って、旅を続けました。
這就繼續上路了。

こうして和尚さんの言われた言葉で三度も命を救われた小僧は、無事に旅を終えて再びお寺に帰る事が出来たのです。
這就幸虧老和尚、小和尚撿回來三條狗命山底下到處轉一圈、這過平安回來了。

おしまい
结束

前のページへ戻る
(回到上一页)

     1月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
たばこの日
きょうの誕生花
カトレア(Cattleya)
きょうの誕生日・出来事
1980年 大島美幸 (芸人)
恋の誕生日占い
物静かでおとなしい
なぞなぞ小学校
あいうえおの次の果物は?
あこがれの職業紹介
そば職人
恋の魔法とおまじない 013
席替えで好きな人の近くになるおまじない
  1月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
二人の甚五郎
きょうの世界昔話
ホジャおじさんのへそ曲がり
きょうの日本民話
和尚さんの三つの忠告
きょうのイソップ童話
人間とゼウス
きょうの江戸小話
かぜものぼれまい
きょうの百物語
幽霊を背負った若者
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識