福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 2月の日本民話 >田植え鬼

2月10日の日本民話

田植え鬼

田植え鬼
新潟県の民話新潟県情報

 むかしむかし、ある節分の晩、庄屋(しょうや)の勘右衛門(かんえもん)が豆まきをしていました。
「福はー内! 鬼はー外!」
 すると、いきなり、
「助けてくれー! 豆をぶつけないでくれー!」
と、叫びながら、赤鬼が家の中へ飛び込んで来たのです。
「わわわわ、鬼だ、鬼だ!」
 勘右衛門はびっくりして鬼に豆をぶつけようとしましたが、ここに来るまでにもあちこちで豆をぶつけられたらしく、赤鬼はあちこちに青あざをつくって目に涙を浮かべています。
 それを見ると、勘右衛門は赤鬼がかわいそうになりました。
「赤鬼どん。豆はぶつけんから、大丈夫じゃ。まあ、こっちに来て酒でもどうだね」
 勘右衛門は酒と料理を用意すると、赤鬼をもてなしました。
「これは、すまんことです」
 赤鬼はすっかりごちそうになると、節分が終わった次の朝早く、とても良い気分で帰って行きました。

 やがて、田植えの季節がやって来ました。
 勘右衛門の家でも家中の者が朝の暗いうちから起きて、苗を植え始めました。
 ちょうど田んぼの半分を植え終えた頃、急に激しい雨が降ってきました。
「仕方がない。残りは明日にして、引き上げよう」

 次の日は、朝から良い天気でした。
「さあ、昨日の続きをするぞ」
 勘右衛門たちが田んぼへ行ってみると、不思議な事に田植えが終わっているのです。
「おや? 田植えが終わっているぞ?! あのどしゃ降りの中、一体誰がしたのだろう?」
 みんなは首を傾げながら、田植えの終わっている田んぼをながめていました。

 さてこの不思議な出来事は、次の年も、そのまた次の年も、そのまたまた次の年も続いたのです。
 誰も田植えをしていないのに田植えが終わっていて、しかもその田んぼはいつも大豊作なのです。

 そんなある年の田植え時、勘右衛門は不思議な田植えの正体を見届けてやろうと考えました。
 勘右衛門は田んぼの近くの木に隠れると、一晩中田んぼの様子を見ていました。
 しばらくするとバチャバチャと、誰かが田んぼの中へ入って行く音がしました。
 暗くてよく見えませんが、どうも一人の様子です。
 そのうちに、田植え歌が聞こえてきました。
 それがまたいい声だったので、勘右衛門は思わず、
♪そうれ、そうれ、よいやあさ
と、はやしたててしまったのです。
 とたんに田植えをしていた者はびっくりして、勘右衛門の方を振り返りました。
 見るとそれは、節分の時にやって来たあの赤鬼だったのです。
 田植えを見られた赤鬼は、あわてて森の奥へと走り去ってしまいました。

 そして以来、あの赤鬼がやって来る事はありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     2月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ニットの日
きょうの誕生花
豌豆(えんどう)
きょうの誕生日・出来事
1944年 高橋英樹 (俳優)
恋の誕生日占い
ほめられる事が大好き
なぞなぞ小学校
目でみないで、手でみるのは?
あこがれの職業紹介
アニメーター
恋の魔法とおまじない 041
体の悪い部分を治すおまじない
  2月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
盗っ人小僧
きょうの世界昔話
正直者のスエン
きょうの日本民話
田植え鬼
きょうのイソップ童話
一緒に旅をする人間とライオン
きょうの江戸小話
女中の脈
きょうの百物語
吹雪と女幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識