福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 >雑炊橋(ぞうすいばし)

3月15日の日本民話

雑炊橋(ぞうすいばし)

雑炊橋(ぞうすいばし)
長野県の民話長野県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 むかしむかし、梓川(あずさがわ)と言う川には橋がかかっておらず、川をへだてた村と村はすぐ近くですが、行き来する事が出来ませんでした。
 そこで二つの村の子どもたちは、お互いに向こう岸の村の子どもたちと川をへだてて大声で呼び合ったり、物を投げたりして遊んでいました。
 清兵衛(せいべい)とおせつも、そんな子どもたちで、二人は毎日の様に川をへだてては大声で叫び合いました。
 そして月日は流れて、やがて二人は十六才になりました。

 ある日の事、雨上がりの空に大きな美しい虹がかかりました。
 それがあまりにもきれいだったので、おせつは家を飛び出すと夢中で虹を追いかけました。
 そして谷沿いの道を二里(にり→約八q)ほど下ったところにある舟の渡し場で、おせつは同じ様に虹を追いかけてきた清兵衛と出会ったのです。
 清兵衛はにっこり笑うと、舟で川を渡っておせつのところまで来ました。
「ああ、やっとの事で会えたなあ」
「うん。谷に橋があれば、いつでも会えるのにね」
 二人は時の立つのも忘れて語り合い、そして二人でうんと働いて、いつか谷に橋をかけようと約束したのです。
「きっと、橋をかけようね」
「ああ、きっとだ」

 それからというもの、二人は懸命に働きました。
 溝兵衛は山にこもると一生懸命に木を切り倒し、おせつは米のご飯をやめて安いアワに草花を入れただけの粗末な雑炊をすすり、夜遅くまで機(はた)を織り続けました。
 こうして二人が約束をしてから九年後、とうとう清兵衛が腕の立つ大工を連れて村に帰って来たのです。
 おせつはこの知らせを聞いて、涙を流して喜びました。
 今まで雑炊をすすって機を織って貯めたお金が、やっと役に立つのです。
 両方の村人たちも工事に協力して、それから半年後に立派な橋が出来上がりました。
 おかげで二つの村は、いつでも行き来が出来る様になりました。
 また橋が出来ると、この橋を渡って山を越える飛騨(ひだ)の道も開かれて、小さな村はいつの間にか宿場(しゅくば)として栄えるようになりました。

 人々はこの橋を、『雑炊橋』と呼びました。
 現在でもこの橋は残っており、十三年毎に、橋は新しい物にかけかえられます。
 そしてその渡りぞめには、両岸からおせつと清兵衛を形どった人形を車にのせて引き渡す行事が伝えられているのです。

おしまい

前のページへ戻る


     3月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
靴の記念日
きょうの誕生花
山丹花(さんたんか)
きょうの誕生日・出来事
1963年 肥後克広 (芸人)
恋の誕生日占い
笑顔が素敵で、ちょっぴりドジ
なぞなぞ小学校
冷えてても熱いと言われるケーキは?
あこがれの職業紹介
気象予報士
恋の魔法とおまじない 075
好きな人を不幸な事から守るおまじない
  3月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おむすびコロリン
きょうの世界昔話
アザラシのお母さん
きょうの日本民話
雑炊橋(ぞうすいばし)
きょうのイソップ童話
オオカミと子ヒツジ
きょうの江戸小話
おいはぎ
きょうの百物語
化け物にとられた魔除けの名刀
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識