福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 4月の日本民話 >フクロウとカラス

4月13日の日本民話

フクロウとカラス  フクロウとカラス

フクロウとカラス
兵庫県の民話兵庫県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、あるところに、腕の良い染め物屋がいました。
 この染め物屋は、お城からも染め物の仕事が来るほどの評判でしたが、この染物屋の息子がどうしようもない道楽息子で、仕事の手伝いもせずにいつもふらふらと遊び歩いていたのです。

 ある日の事、お城からの使いが、上等な白絹(しろぎぬ)を持って来て言いました。
「急な頼みですまないが、殿さまが江戸へのぼる事になったので、十日後にはこれを紋服(もんぷく)に染め上げてくれ」
「へへーっ。必ず十日後には、染め上げますので」
 こうして染め物屋の主人は、さっそくその白絹に下地を練り込み、ていねいに乾かしていました。
 するとそこへ、酔っぱらった道楽息子が帰ってきたのです。
「なんだ、親父。
 また、仕事をしているのか?
 染め物なんて、川に入って冷たい思いをして、また乾かして冷たい思いをする。
 そんな事を、毎日繰り返してどうするんだ?
 それよりも、おれみたいにバクチでもすればいいんだ。
 そうすれば金なんて、いくらでも手に入るのによ」
「しかし息子よ、働くというのは・・・」
「うるせえ! おれに説教をするな!」
 そう言って道楽息子は、なんと殿さまの白絹に泥を塗りつけてしまったのです。
「ああっ! お前は、何て事を!」
 染物屋の主人はあわてて白絹を洗い直すと、再び下地を練り込んでていねいに乾かそうとしたのですが、その日から毎日雨が続いたために、約束の日までに白絹を染めることが出来なかったのです。
 やがて、お城からの使いが染めた白絹を取りに来たのですが、白絹が染め上がっていない事を知った殿さまは大変怒って、
「このふらち者を、討ち首にせい!」
と、染物屋の主人を殺してしまったのです。
 これを知った道楽息子は、父親の死骸(しがい)に取りすがって泣きました。
「すまねえ、親父。おれが、馬鹿だった」
 そしてこのうわさを知った近所の子どもたちに、道楽息子は寄ってたかって石を投げつけられたり、棒で叩かれたりしたのです。
 道楽息子は、くやんでくやんで、とうとうフクロウになってしまいました。
 そして人目につく昼間は林の中に隠れて、夜も暗くなってから出歩くようになったのです。
 そして道楽息子をいじめていた子どもたちは、カラスになりました。

 こうして今でも、カラスは昼間にフクロウを見つけると、寄ってたかってフクロウをいじめるのだそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     4月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ボーイスカウトの日
きょうの誕生花
苺(いちご)
きょうの誕生日・出来事
1955年 西城秀樹 (歌手)
恋の誕生日占い
運動神経が良くて、元気いっぱい
なぞなぞ小学校
どんなにきれいな人でも、絶対になれないモデルは?
あこがれの職業紹介
華道家
恋の魔法とおまじない 104
落ち込んだ気持ちをリフレッシュさせるおまじない
  4月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
キツネのいたずら
きょうの世界昔話
トルーデおばさん
きょうの日本民話
フクロウとカラス
きょうのイソップ童話
イルカとクジラとハゼ
きょうの江戸小話
サルが似る
きょうの百物語
人形のけんか
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識