福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 > 酒好きのおじいさん

6月9日の日本民話

酒好きのおじいさん

酒好きのおじいさん
青森県の民話青森県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : すまいるぼっくす 石田史彦

 むかしむかし、あるところに、一軒の酒屋がありました。
 ある正月の事、この酒屋の店先に見慣れないおじいさんが立っていて、酒屋をじっとながめていましたが、そのうちに大きく頷くと、店の中へと入っていきました。
「すまんが、酒を一升くれんか」
「はい、ただいま」
 店の小僧が、一升徳利を差し出すと、
「おお、これこれ、いい香りじゃ」
と、おじいさんはそのお酒を、ゴクリゴクリと一気に飲み干しました。
 そしておじいさんは、満足そうに目を細めると、
「ごちそうさん。うまい酒であった」
と、そのまま店を出て行きました。
 そしてしばらくしてから、おじいさんに酒代をもらうのを忘れた事を気づいた小僧が、あやまりながら店の主人にこの話をすると、主人は笑いながら小僧を許してくれました。
「よいよい、正月早々、楽しい話ではないか。それにしても、そんなにうまそうな飲み方をするお方なら、わしも会ってみたいのう」
 さて、あのおじいさんが来てからその酒屋はいつもの年よりも繁盛して、また次の正月を迎えました。
 するとまた、あの時のおじいさんがやって来て、今度はこう言ったのです。
「すまんが、酒を二升くれんか」
 すると小僧は、去年の正月に主人から言われた事を思い出して、
「あの、旦那さまが会いたがっていたから、奥へ上ってください」
と、言うと、おじいさんは雪靴をはいたまま、奥へと上がっていきました。
 主人はそれを見ても気にせず、小僧に酒を二升持って来させました。
 するとおじいさんは、その二升の酒をおいしそうに、ゴクリゴクリと飲み干しました。
 その飲みっぷりがとても見事だったので、主人はほれぼれとしながら尋ねました。
「今日は、酒屋をやっていてよかったと、つくづく感じ入らせてもらいました。あなたほどの飲み手には、初めてお目にかかりました。ところで、あなたさまはどこのどなたさまでございますか?」
 するとおじいさんはにっこり笑って、
「わしか? わしは福の・・・。いやいや、それよりも酒を馳走になった礼に、一つ良い事を教えてやろう。この十三日の日に酒樽を三つ、店の前に出しておいてくれんか。そうすれば店は七代栄えるであろう」
と、言うと帰って行きました。
 さてその十三日の朝、主人はおじいさんの言葉通りに、店先に酒樽を三つ出しておきました。
 すると、さっき出したばかりの酒樽が、気がつくとみんな空っぽになっていたそうです。
 そしてそれからも酒屋は繁盛して、おじいさんの言葉通り、そのまま七代栄えたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     6月 9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ネッシーの日
きょうの誕生花
京鹿子(きょうがのこ)
きょうの誕生日・出来事
1964年 薬師丸ひろ子(女優)
恋の誕生日占い
何でもこなせる天才肌で、勘が鋭く行動力もあります
なぞなぞ小学校
星を持っているネズミの仲間は?
あこがれの職業紹介
演奏家
恋の魔法とおまじない 161
願い事の叶いやすい時間
  6月 9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
天人女房(てんにんにょうぼう)
きょうの世界昔話
黒ウシの助け
きょうの日本民話
酒好きのおじいさん
きょうのイソップ童話
2匹のコガネ厶シ
きょうの江戸小話
ダイコンが白いわけ
きょうの百物語
百目
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識