童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集 福娘童話集 きょうの日本民話
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 > お釈迦さまとオニ

8月18日の日本民話

おしゃかさまとオニ

お釈迦さまとオニ
山形県の民話山形県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
赤鬼・青鬼の折り紙おに  子猫の折り紙こねこ 鼠の折り紙ねずみ

 むかしむかし、が人をさらっては食べてしまうので、人々は大変困っていました。
 その事を知ったお釈迦(しゃか)さまは、鬼たちを呼びつけると、まっ黒くなるまでいったマメを渡して言いました。
「このマメを畑にまき、マメから芽(め)が出るまでは、決して人を食べてはいかんぞ」
「では、マメから芽が出れば、人を食べてもいいんですね」
「そうだ。マメから、芽が出ればな」
 そこで鬼たちは毎日畑に行って、熱心にマメに水をかけ続けました。
 いったマメからは芽が出るはずはありませんが、鬼の努力が実ったのか、なんと一ヶ月後にいったマメから芽が出てきたのです。
 鬼たちは喜んでその事をお釈迦さまに知らせに行きましたが、困ったお釈迦さまは、
「今日はいそがしくてて、見に行けない。明日は必ず行くから、待っておれ!」
と、鬼たちをひとまず帰しました。
「それにしても、いったマメから芽が出てくるとはな。さて、今晩中にマメの芽をなくさなければ、大変なことになる」
 そこでお釈迦さまは、ネズミたちを呼ぶと言いました。
「お前たち、今すぐ鬼の畑に行って、マメの芽を根っこから食べてこい」

 次の日、お釈迦さまは鬼の家に行って言いました。
「お前たちの畑を見てきたが、畑には一本の芽も出ていないぞ。さては人を食べたくて、うそをついたな!」
 しかられた鬼たちは、首をひねりました。
「おかしいな。確かに、マメから芽が出たはずだが」
 そこで鬼たちが畑に確かめに行くと、近くの木に止まっていたカラスが言いました。
「マメの芽なら、さっきお釈迦さまのネズミが来て、全部食べて行ったよ」
 それを聞くと、鬼たちは怒って、
「お釈迦さまがネズミを出してマメの芽を食べさせたなら、俺たちはネコを出してネズミを食わしてやる」
と、ネコを出してネズミを食べるように命令したのです。

 そんなわけで今でも、ネコはネズミを追いかけるのです。

おしまい

前のページへ戻る


     8月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
高校野球記念日
きょうの誕生花
紫万年青(むらさきおもと)
きょうの誕生日・出来事
1972年 中居正広(歌手)
恋の誕生日占い
行動力が抜群で、思い立ったら即実行
なぞなぞ小学校
白い水がわき出るところは? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
ケアマネジャー
恋の魔法とおまじない 231
花嫁のブーケを受け取った人は
  8月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
金の粒を出す馬
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 コートになった狂犬
きょうの日本民話
おしゃかさまとオニ
きょうのイソップ童話
年を取った馬
きょうの江戸小話
ほっとけ(仏)
きょうの百物語
百目のアズキとぎ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識