福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 6月の世界昔話 > 大きな家と小さな家

6月23日の世界の昔話

大きな家と小さな家

大きな家と小さな家
グリム童話 →グリム童話の詳細

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
立体の家の折り紙いえ    馬の顔の折り紙うまのかお

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、神さまは旅の途中(とちゅう)で、二軒の家を見つけました。
 大きくて立派(りっぱ)な家と、小さくて古い家です。
 神さまは初めに、大きくて立派な方の家のドアを叩き、
「どうか、一晩泊めてください」
と、頼みました。
 その家の主人は、ボロボロの服を着た旅人がまさか神さまだとは思わずに、すぐにこう言いました。
「家は、どの部屋もいっぱいでね。ほかへ行ってください」
 次に神さまは、隣の小さくて古い家の主人に同じ事を頼みました。
 すると今度の主人と、そのおかみさんは、
「どうぞ、中へ入ってお休みになって下さい」
と、言って、そまつだけれど心のこもった食事を出してくれたのです。
 そしてその夜は、
「長旅でお疲れでしょう。わたしたちのベッドで寝てください」
と、言って、自分たちは床に寝ました。

 次の朝、神さまが言いました。
「もし、願い事が三つかなうとしたら、何を願いますか?」
「一つは、わたしと妻が二人で天国へ行ける事。二つは、それまでずっと元気で働ける事。それだけです」
「では、三つ目の願いとして、この家を新しく大きくしてあげましょう」
 神さまは三つの願いを、かなえてあげました。
 それを知った大きな家の主人は急いでウマに乗り、神さまを追いかけました。
 そして、言ったのです。
「わたしだって、本当はあなたを泊めるつもりだったんだ。
 だからわたしにも、願い事をかなえてくれてもいいはず。
 さあ、願いをかなえてください」
と、むりに神さまにお願いの約束をしてもらい、男は一生懸命願い事を考えました。
 ところがウマがあんまりはねるので、イライラして叫びました。
「せっかくいい願いを、思いつきそうだったのに!! この馬鹿ウマめ!! 首でも取れてしまうがいい」
 するとウマの首が、本当にポトンと落ちてしまったのです。
 一つ目の願いが、かないました。
 ウマが死んでしまったので、男はウマのくらを背負って歩かなくてはなりません。
 そのうちに、だんだん腹が立ってきました。
「今ごろ、かみさんは家でのんびりしているに違いない。ちぇっ、あいつこそ、この思いくらにずっとひっついてりゃいいんだ」
 すると男の背中から、くらが飛んでいきました。
 二つ目の願いも、かなえられたのです。
 男が家に帰ると、おかみさんはウマのくらに乗ったまま、おりられずにいました。
 男は最後の願いとして、世界中のお金が欲しいと思いましたが、おかみさんに、
「今すぐ、このくらからおろしておくれよ。はやく!!」
と、怒鳴られて、しぶしぶくらからおりられるように願いました。

 三つの願いは、それで終わりになりました。

おしまい

前のページへ戻る


     6月23日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
踏切の日
きょうの誕生花
都忘れ(みやこわすれ)
きょうの誕生日・出来事
2004年 芦田愛菜(女優)
恋の誕生日占い
明るい笑顔が素敵な女の子
なぞなぞ小学校
病院や保健室にいるタイは?
あこがれの職業紹介
スタイリスト
恋の魔法とおまじない 175
道に落ちているカラスの羽
  6月23日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
なぞかけあねさま
きょうの世界昔話
大きな家と小さな家
きょうの日本民話
カメの恩返し
きょうのイソップ童話
ライオンとプロメテウスとゾウ
きょうの江戸小話
でき心
きょうの百物語
音羽の池
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識