未年の昔話未年特集 2015年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
 


福娘童話集 >えとのおはなし >ひつじのお話し > 頭のいいヒツジ

ひつじのお話し 第 1 話

頭のいいヒツジ

頭のいいヒツジ
モンゴルの昔話モンゴルの情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
羊の折り紙ひつじ

♪音声配信(html5)
音声 すまいるぼっくす

 むかしむかし、モンゴルのある草原に、頭は良いのですが、年を取って体が弱った為に捨てられたヒツジがいました。
 そこへ腹ぺこオオカミがやってきて、ヒツジにもったいぶった様子で尋ねました。
「やあ、こんにちは。ヒツジくん、今日はいい天気だね。・・・ところできみは、名前は何という名前だい?」
 するとヒツジは、少しもあわてた様子を見せずに、こう言いました。
「わたしは、大頭のトンジ王さ」
「ふーん、『大頭のトンジ王』とは、立派な名前だね。ところで君の頭に乗っている立派な角は、何に使うんだい?」
「これは天の神からさずかった武器で、悪いオオカミが来たら、この角で突き殺してしまうんだ」
「ええっ!」
 びっくりしたオオカミは、
(これは、逃げた方がいいかもしれないぞ)
と、思いましたが、でも、相手はしょせんは年寄りのヒツジだと思って、他の質問をしました。
「ところで君は、なぜ、そんなにモコモコした毛をしているんだい? そこまでモコモコしていたら、邪魔だろう?」
 するとヒツジは、オオカミにニヤリと笑って、
「ああ、実はこの毛は、塩の固まりなのさ。オオカミの肉を食べる時に、この塩で味付けをするんだよ。・・・ああ、そろそろお腹が空いてきたな。ちょうど目の前にオオカミがいることだし、今からお昼ご飯にするかな」
 これを聞いたオオカミは、すっかり恐くなって逃げ出したという事です。

おしまい

前のページへ戻る

ひつじのお話し 12話
頭のいいヒツジ
三匹の子ヒツジとオオカミ
ヒツジの始まり
万里のヒツジ
ヒツジに生まれ変わった娘
毛をかられるヒツジ
不思議な白いヒツジたち
羊不爛山(ようふらんざん)
焼けただれた小ヒツジ
百匹のヒツジ
満腹したオオカミとヒツジ
青い煙のヒツジ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識