未年の昔話未年特集 2015年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
 


福娘童話集 >えとのおはなし >ひつじのお話し > 羊不爛山

ひつじのお話し 第 8 話

羊不爛山(ようふらんざん)

羊不爛山(ようふらんざん)
中国の昔話中国の情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
羊の折り紙ひつじ

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、ある高い山に広成子という名前の仙人が住んでいて、遠くから訪ねて来る仲間のためにヒツジの肉の煮物を作って待っているという伝説がありました。

 ある日の事、都から偉い役人がやって来て、この伝説を耳にすると自分も山でヒツジの肉の煮物を作ってみたくなりました。
 そこで麓の村でヒツジの肉と薪(まき)を用意して、召使いと一緒に山へ登って行きました。
 そして料理の準備に持ってきた薪に火をつけましたが、薪はくすぶるだけで火はなかなかつきません。
「おかしいな。薪が湿っているのかな?」
 それでも頑張って火をつけると、鍋に入れたヒツジの肉をぐつぐつとゆで始めました。

 それから数時間後、煮込んだヒツジの肉を食べようと役人が鍋のふたを取ってみると、不思議な事にヒツジの肉は生のままでした。
「おかしいな。高い山の上だから、煮込むのに時間がかかるのかな?」
 そこで役人はさらに数時間煮込んでみましたが、鍋のふたを取ってみると、やっぱりヒツジの肉は生のままです。
「仕方ない。今日はあきらめよう」
 役人は近くのお寺に行くと、一晩泊めてもらうことにしました。
 そして役人がお坊さんに今日の事を話してみると、お坊さんはこう教えてくれたのです。
「この山でヒツジを煮るには、仙人が使う仙火と言う物が必要だそうです。
 しかし、仙火を使わずに運良く三日以内にヒツジが煮えて食べる事が出来たなら、その者は仙人と同じ不老の体になれると言われています」
「おおっ、不老の体に!」
 それを聞いた役人は召使いと頑張って、ヒツジの肉を三日の間、煮続けました。
 けれど三日後、役人が鍋のふたを取ってみると、やっぱりヒツジの肉は生のままだったのです。
「そう簡単には、不老の体にはなれぬか」
 役人はあきらめると、山を下りて都に帰って行きました。

 やがてこの話が広まり、人々はその山の事を『羊不爛山(ようふらんざん)』と呼ぶようになりました。
 羊不爛山とは、ヒツジが煮えない山という意味だそうです。

おしまい

前のページへ戻る

ひつじのお話し 12話
頭のいいヒツジ
三匹の子ヒツジとオオカミ
ヒツジの始まり
万里のヒツジ
ヒツジに生まれ変わった娘
毛をかられるヒツジ
不思議な白いヒツジたち
羊不爛山(ようふらんざん)
焼けただれた小ヒツジ
百匹のヒツジ
満腹したオオカミとヒツジ
青い煙のヒツジ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識