未年の昔話未年特集 2015年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
 


福娘童話集 >えとのおはなし >ひつじのお話し >焼けただれた小ヒツジ

ひつじのお話し 第 9 話

焼けただれた小ヒツジ

焼けただれた小ヒツジ
アイルランドの昔話アイルランドの情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
羊の折り紙ひつじ

 むかしむかし、アイルランドに下水道がなかった時代、アイルランドの人々は洗い物などに使った汚い水を、家の窓から家の外に投げ捨てていました。
 そして投げ捨てるときに、アイルランドの人々は、
「水に注意しろ!」
と、叫んでから、汚い水を投げ捨てるのです。
 これは、もちろん人にかからないようにする為ですが、実は人以外にも、辺りをうろついている亡霊たちに水をかけないようにする為だと言われています。
 この当時、亡霊たちに水をかけると、かけた人は必ず不幸になると言われていました。

 さて、暗い夜の事、ある女の人が、煮え湯を道に投げ捨てようとしました。
 本当なら『水に注意しろ!』と、言わなくてはいけないのですが、ま夜中だった事と、あたりに人の気配はなかったために、女の人は何も言わずに煮え湯を投げ捨てたのです。
 すると、暗闇から、
「ギャーーー!」
と、いう叫び声がして、誰かが苦しんでいるようなうめき声がしました。
「大変!」
 女の人はあわてて外へ出ましたが、でも、そこには誰もいなくて、先ほどまいた煮え湯が水たまりになって湯気をあげていました。
「変ねえ? 気のせいかしら?」
 女の人は首を傾げながら、家に帰っていきました。
 ところが次の日の夜、誰かが家の扉を叩きました。
 トントン、トントン
「あら? こんな夜更けに、誰だろう?」
 女の人が扉を開けてみると、何とそこには、背中が赤く焼けただれた子ヒツジが立っていたのです。
 子ヒツジはよろよろと家の中に入って来ると、暖炉の前でばったりと倒れて死んでしまいました。
(これはきっと、煮え湯で火傷をした亡霊が、ヒツジの姿で現れてきたのだわ!)
 そう思った女の人は、子ヒツジをていねいに葬ってやりました。
 けれども、次の夜も、その次の夜も、火傷をした子ヒツジが現れて、苦しみながら死んでいくのです。
 怖くなった女の人は町の人々に相談して、都から司祭さまを呼んでお祈りをしてもらいました。
 するとお祈りが神さまに届いたのか、その日から子ヒツジが現れる事はなくなりました。
 その後、子ヒツジの墓を掘り返してみると、棺の中は空っぽだったそうです。

おしまい

前のページへ戻る

ひつじのお話し 12話
頭のいいヒツジ
三匹の子ヒツジとオオカミ
ヒツジの始まり
万里のヒツジ
ヒツジに生まれ変わった娘
毛をかられるヒツジ
不思議な白いヒツジたち
羊不爛山(ようふらんざん)
焼けただれた小ヒツジ
百匹のヒツジ
満腹したオオカミとヒツジ
青い煙のヒツジ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識