未年の昔話未年特集 2015年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
 


福娘童話集 >えとのおはなし >ひつじのお話し > 満腹したオオカミとヒツジ

ひつじのお話し 第 11 話

満腹したオオカミとヒツジ

満腹したオオカミとヒツジ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
羊の折り紙ひつじ

♪音声配信(html5)
亜姫の朗読☆ イソップ童話より

 食べ物を充分食べて満腹したオオカミが、地面に倒れているヒツジを見ました。
「こいつは、オオカミが来たので、怖さのあまり倒れたのだな」
と、思ったオオカミは、側へ寄って、
「心配するな」
と、なぐさめてやりました。
 そして、
「もし、お前が本当の事を三つ言ったら、わたしはお前を見逃してやろう」
と、約束しました。
 するとヒツジは、
「まず第1に、わたしはあなたに会わずに済めば良かったと思っています。
 2番目には、せめてあなたが目の見えないオオカミだったら良かったのにと思っています。
 そして、3つ目の本当の事は……」
 ヒツジは深呼吸すると、、思い切り大きな声で、
「嫌なオオカミめ!
 あんたたちなんか、みんなひどい目にあって死んでしまえばいい。
 なぜって、わたしたちが何も悪い事をしないのに、あんたたちはわたしたちをいじめて、なぶり殺しにするのだもの」
「・・・・・・!」
 オオカミは少し腹が立ちましたが、ヒツジが言った事は本当だと認めて見逃してやりました。

 真実は、敵に対してさえも効き目があるという事を、このお話しは教えています。

おしまい

前のページへ戻る

ひつじのお話し 12話
頭のいいヒツジ
三匹の子ヒツジとオオカミ
ヒツジの始まり
万里のヒツジ
ヒツジに生まれ変わった娘
毛をかられるヒツジ
不思議な白いヒツジたち
羊不爛山(ようふらんざん)
焼けただれた小ヒツジ
百匹のヒツジ
満腹したオオカミとヒツジ
青い煙のヒツジ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識