昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 4月の日本昔話 >力太郎

4月28日の日本の昔話

力太郎

力太郎
Mighty-taro

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

日本語&客家語

日本語(Japanese) 英語(English) 日本語(Japanese)&英語(English)

♪音声配信(html5)
音声 絵本で英会話 www.picturebooksenglish.com

Once upon a time, there lived an old couple who never had a bath.
むかしむかし、あるところに、お風呂に入った事のない、おじいさんとおばあさんがいました。

The old couple didn’t have a child.
おじいさんとおばあさんには、子どもがいません。

One day, the grandpa and grandma had a bath for the first time.
ある日の事、おじいさんとおばあさんは、初めてお風呂に入りました。

So much dirt came off from the old couple’s body. As there was so much pile of dirt, they decided to mould a figure of a child from it.
すると、アカの出ること出ること。あんまりたくさんのアカがたまったので、おばあさんはこれで赤ちゃんの人形を作りました。

The grandmother sighed and said “Oh, I wish this was a real child”
「ああ、この子が、本当の人間だったらいいのに」

To their great surprise, the figure suddenly started to move, and it turned into a real child.
おばあさんがそう言うと、不思議な事にアカで出来た人形が動き出して、人間の赤ちゃんになってしまったのです。

The old couple was over the moon. “We are so grateful. This child is a gift from the god. ”
「ありがたい、ありがたい。これは、神さまが授けてくださった子だ」

The old couple was so happy, they named the child “Mighty-Taro” and decided to raise him with lots of love.
おじいさんとおばあさんは喜んで、この赤ちゃんを『力太郎』と名付けて大切に育てる事にしました。

Now, Mighty-Taro was not an ordinary child. Though he was still a baby, he ate so much food. He grew bigger and bigger as he ate.
さてこの力太郎、赤ちゃんなのに大変な大食らいで、ご飯を食べさせれば食ベた分だけ大きくなりました。

By the time he was fifteen years of age, he became the strongest man in the whole village.
そして十五才の頃は、名前の様に村一番の力持ちに育ちました。

As the old couple have aged well by then, they could no longer work to feed Mighty-Taro with lots of food.
この頃、おじいさんおばあさんはとても年を取ってしまったのであまり働く事が出来ず、力太郎に腹一杯のご飯を食ベさせてやる事が出来なくなりました。

“What can we do?” they sighed.
「どうしたものか」

As the old couple worried, Mighty-Taro proposed an idea.
おじいさんとおばあさんが悩んでいると、力太郎が言いました。

“I’m going to go on a journey. So please make me a heavy iron bar”
「おらは、旅に出る。
  だから、百貫目 (ひゃくかんめ→約375㎏) の鉄の棒をつくってくれ」

The grandpa made him a heavy iron bar as promised. Mighty-Taro swung the iron bar with such a strength and set off for the journey.
おじいさんが百貫の棒をつくってやると、力太郎はそれをブンブン振り回して旅に出ました。

Soon, Mighty-Taro saw a group of bystanders watching a giant man smashing rocks with a bare hand.
しばらく行くと、大男が岩をげんこつで砕いて人を集めています。

“Bahahaha, I am the strongest man on Earth! Who dares to challenge my strength?"
「わはははははっ、おれは天下一の力持ちだ。どうだ、おれと力比べをする者はいないか」

As Mighty-Taro head this, he challenged the giant man.
それを聞いた力太郎は、岩割り男に力比べを申し出ました。

“If you can swing my iron bar three and half turns, I will become your servant. What do you say?” said Mighty-Taro.
「おらの鉄棒を三回半振り回せたら、お前の子分になろう。どうだ?」

“Fine. If I can’t, then I will become your servant.” answered the giant man.
「いいだろう。出来なければ、おれがお前の子分になってやる」

The giant man sneered at Mighty-taro and took the iron bar to swing. But the iron bar was so heavy, he could only swing it one and a half turn.
岩割り男は鼻で笑って鉄棒を手に取りましたが、力太郎の鉄棒はとても重くて、どんなに頑張っても一振り半しか回せません。

So, the giant man become Mighty-Taro’s servant.
そこで石割り男は、力太郎の子分になりました。

As the two journeyed on, they saw a man carrying a whole shrine on his back.
二人が旅を続けていると、お堂を背中に背負っている男に出会いました。

“I am the strongest man on Earth! Who dares to challenge my strength?" the man yelled.
「おれは天下一の力持ちだ。おれと力比べをする者はいないか」

So, as Mighty-Taro head this, he challenged the man.
力太郎は、この男にも力比べを申し出ました。

“If you can swing my iron bar three and half turns, I will become your servant.” said Mighty-Taro.
「おらの鉄棒を三回半振り回したら、お前の子分になるぞ」

“Huh, it’s a piece of cake!” answered the man.
「はん。そんな事、たわいもないわ」

The man sneered at Mighty-Taro and took the iron bar to swing. But the iron bar was so heavy, he could only swing it two and a half turn.
お堂を背負っている男は、鼻で笑って鉄棒を手に取りましたが、どんなに頑張っても、二振り半しか回せません。

So, the second man also become Mighty-Taro’s servant.
そこでこの男も、力太郎の子分になりました。

As the three travelled, they came across an empty village and saw a girl crying on her own.  
三人がしばらく行くと、人影のない村で娘が一人で泣いていました。

“What happened here? ”
「どうした? 何かあったのか?」

As Mighty-Taro asked, the girl answered as she wept.
力太郎が尋ねると、娘が泣きながら答えました。

“Each night a monster comes to our village and eats one villager at a time. Everyone has been eaten and I am the only one left.”
「実はこの村には、毎晩化け物がやって来て、村人を一人ずつ飲み込んでしまうのです。村のみんなは化け物に飲み込まれてしまい、残ったのはわたし一人なのです」

“What, a monster? We will slay the monster for you!”
「なんだ。化け物くらい、おらたちがやっつけてやる」

As Mighty-Taro promised the girl, he asked her to make him lots of rice balls to eat. He ate it all up and waited for the monster to appear.
力太郎はそう言うと、娘にたくさんのおにぎりを作らせて、それをパクパクと食べながら化け物が現れるのを待ちました。

At midnight, a giant bullfrog, larger than a house appeared.
夜中になって現れたのは、家よりも大きなウシガエルです。

“I will slay you first!”
「まずは、おれがやってやろう」

said the giant man and faced the bullfrog. But the bullfrog opened his big mouth and swallowed the giant man at once.

はじめに岩割り男が立ち向かいましたが、ウシガエルの化け物は大きな口を開けると、岩割り男をパクリと飲み込んでしまいました。

“I’m next!”
「今度は、おれだ」

said the second servant, but he too was swallowed by the bullfrog.
次にお堂男が飛び出しましたが、お堂男もパクリと飲み込まれてしまいました。

“I am the last one standing! See if you can withstand my iron bar!”
「よし、最後はおらが相手だ! 百貫目の鉄棒を受けてみろ!」

Mighty-Taro swung the iron bar with power and landed it on the top of bullfrog’s head.
力太郎は鉄棒をブンブンと振り回すと、ウシガエルの化け物の頭に鉄棒を振り下ろしました。

Even the giant bullfrog could not withstand such a mighty hit, he fell on his back and passed out.
これにはさすがの化け物もたまらず、白目をむいてひっくり返りました。

Mighty-Taro jumped on the bullfrog and pounded its stomach with his feet.
力太郎はひっくり返った化け物の腹の上に飛び乗ると、腹をドンドンと踏みつけました。

Then, all the people who have been eaten came out of its mouth one by one.
すると化け物の口から、これまで飲んだ人たちが次々と飛び出してきたのです。

So, he saved the villagers from the monster and Mighty-Taro married the girl.
こうして化け物をやっつけた力太郎は娘を嫁にもらうと、

He asked his grandpa and grandma to come and live in the village together. The villager brought him lots of food to thank him, which he ate it all and lived happily ever after.
おじいさんとおばあさんを山奥から呼び寄せて、村人たちがお礼にと運んで来るご飯をたらふく食べながら幸せに暮らしたということです。

おしまい
The end

おまけ
ささらとゆっくり昔話 第07話【力太郎】

読者の「NS.MOOOON」さんの投稿作品。

日本昔話を現代っぽくアレンジしたらこうなったシリーズ。

おまけ
ささらと昔話講座 第07話【力太郎】

読者の「NS.MOOOON」さんの投稿作品。

知っているようで知らない日本昔話を、あれやこれやとささらちゃんが学んでいく動画です。

前のページへ戻る

     4月28日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
象(ぞう)の日
きょうの誕生花
金雀枝(えにしだ)
きょうの誕生日・出来事
1960年 辻元清美 (政治家)
恋の誕生日占い
ちょっと頑固でクール
なぞなぞ小学校
歯を治すのが得意な動物は?
あこがれの職業紹介
訪問介護員・ホームヘルパー
恋の魔法とおまじない 119
天気が晴れるおまじない
  4月28日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
力太郎
きょうの世界昔話
ハエとミツバチ
きょうの日本民話
足長手長
きょうのイソップ童話
ヘルメスと職人たち
きょうの江戸小話
法力
きょうの百物語
嫁礁(よめぐり)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識