福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 6月の日本昔話 > のさんの賭け

6月16日の日本の昔話

のさんの賭け

のさんの賭け
鹿児島県の民話鹿児島県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、ある村に、とても意地悪で有名なお金持ちの親方がいました。
 ある日の事、親方は家の前に大きな看板を出しました。
《三日の間、『のさん→難儀』と言わなければ、一日につき一両ずつ出す。ただし言えば、鼻を切る》
 すると一両につられて、一人の男が親方を訪ねました。
 親方に言われた通り昼飯も食べずに山で竹掘りをして、やっと掘った竹をかついで帰ると親方が、
「もう一本、掘ってこい。昼飯と夕飯は、その後で一緒に食わせてやる」
と、言ったのです。
 これを聞いた男が思わず、
「のさん」
と、言ってしまったので、男は親方に鼻を切られてしまいました。

 しばらくすると、また一人の男が親方を訪ねてきました。
 その男は、一日目は何とか無事に過ごしたのですが、二日目は夕飯も食べさせてもらえなかったので、思わず、
「のさん」
と、言ってしまい、鼻を切られたのです。

 またしばらくして、今度は利口そうな男が親方を訪ねてきました。
「看板を見てやって来た。『のさん』と言わねば一両をくれるとあるが、そうではなく、わしは親方と勝負がしたい」
「ほう、勝負とは?」
「わしが『のさん』と言えば、鼻ではなく首を切られてもよい。だが親方が『のさん』と言えば、親方の鼻を切らせてもらう」
 それを聞いた親方は、笑いながら、
「いいだろう。わしは大金持ちだ。何不自由なく暮らしておる。このわしが『のさん』と言うはずがない」
と、言いました。

 さて、親方はさっそく男に仕事を言いつけましたが、男は自分で弁当を持って行ったので、腹を空かさずに仕事を続けました。
 二日目に、親方が言いました。
「瓦(かわら)ふきが来るから、その瓦ふきのする通りにしろ」
 やがて瓦ふきが来て、古い小屋の屋根瓦をはがすのを見て、男は母屋(おもや)の屋根瓦をはがし始めました。
 そこに親方がやって来て、屋根がメチャクチャになっているのを見ると、
「ああっ、こっちのは、はがさんでもええんじゃ。のさんのことだ」
と、言ってしまったのです。
 これを聞いた男は、いきなり親方の頭を押さえつけると、
「約束通り、親方の鼻を切らせてもらうぞ!」
と、言いました。
 親方は、まっ青になりながら、
「まっ、待て、わしが悪かった。財産の半分をくれてやるから、許してくれ」
と、泣いて謝りました。
 こうして親方から財産の半分をもらった男は、先に鼻を切られた二人にも財産を分けてやると、どこかへ旅立っていきました。

おしまい

前のページへ戻る


     6月16日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ケーブルテレビの日
きょうの誕生花
松葉菊(まつばぎく)
きょうの誕生日・出来事
1978年 益子 卓郎 (タレント)
恋の誕生日占い
頭の良い優等生で、問題を計画的に解決できます
なぞなぞ小学校
尻尾がある川は?
あこがれの職業紹介
映画監督
恋の魔法とおまじない 168
けがを防ぐおまじない
  6月16日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
のさんの賭け
きょうの世界昔話
くさったリンゴ
きょうの日本民話
金を拾ったら
きょうのイソップ童話
天文学者
きょうの江戸小話
タイのおかわり
きょうの百物語
右源太と化けネコ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識