福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 5月の江戸小話 > けはえぐすり

5月9日の小話

けはえぐすり

毛生え薬

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : エクゼムプラーロ

 髪の毛がかなり薄くなってきた、まき売りがいました。
 今日もまきをかついで一日中売り歩きましたが、十八文(→六百円ほど)にしかなりませんでした。
「まあいい。これで毛生え薬でも買おう」
 まき売りが薬屋の前まで来ると、店の看板に、
 《毛生え薬 一包二十文》
と、書いてあります。
「うむ、二文たりぬが、何とかなるだろう」
 まき売りはそう言って、店に入りました。
「こちらに、毛生え薬があるそうだが」
「へえ、天下一の毛生え薬でございます。さあ、お試しを」
 まき売りは、番頭(ばんとう)が差し出す薬を指先にちょっとぬってびっくりです。
 なんと指先に、もう黒々とした毛が生えているではありませんか。
 それも丈夫な毛で、力一杯引っ張ってもびくともしません。
 番頭がそれを見て、
「はい、その毛を切りそろえますと、りっぱな筆になります」
と、言いました。
 とにかく効果てきめんなので、まき売りは有り金の十八文を台の上に置いて店を出ました。
「もし、もし。お客さま。二文たりませぬが」
 番頭が、あわてて追いかけてきます。
「そうか。まあ二文ぐらい、まけておけ」
「いや、まかりませぬ」
 番頭が薬をひったくろうとするので、まき売りは怒って、
「えい、こんなもの!」
と、薬の包(つつみ)を地面に叩きつけました。
「あっ、なんてことを」
「うるせえ、このやろう!」
 二人はつかみ合いのけんかになりましたが、番頭の方が力が強くて、まき売りは突き飛ばされて地面にお尻をつきました。
 そのひょうしにお尻の下になった薬の包が破れて、まき売りのお尻につきました。
「けんかだ、けんかだ。けんかだぞー!」
 さすがは、けんか好きな江戸っ子です。
 あっという間に町の者たちが集まってきたので、はずかしくなった番頭は店の中ヘ戻っていきました。
「気のどくに、大丈夫かい?」
 町の者たちは、まき売りを助けおこしてびっくり。
「ありゃ!」
 なんとまき売りのお尻から、馬のしっぽの様に長くてふさふさした毛が生えていたのです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月 9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
アイスクリームの日
きょうの誕生花
クレマチス(Clematis)
きょうの誕生日・出来事
1970年 テツ (芸人)
恋の誕生日占い
しっかり者で大人っぽい、頼りになるお姉さん
なぞなぞ小学校
子どもが運転しても怒られない車は?
あこがれの職業紹介
ソーイングスタッフ
恋の魔法とおまじない 130
ヤキモチを静める おまじない
  5月 9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
惚れ薬(ほれぐすり)
きょうの世界昔話
オオカミと3人の娘
きょうの日本民話
静貫とネズミ
きょうのイソップ童話
水をたたく漁師
きょうの江戸小話
毛生え薬
きょうの百物語
キンモクセイの妖怪
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識