福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 5月の世界昔話 > オオカミと3人の娘

5月9日の世界の昔話

オオカミと3人の娘

オオカミと3人の娘
イタリアの昔話 → イタリアの国情報

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、よその村へ出かせぎに行っていた、三人姉妹の娘たちがいました。
 ある日、お母さんが重い病気にかかって、死にそうだという知らせが届きました。
「まあ、どうしましょう?」
と、三人は相談しました。
「わたしたち、仕事にやとわれているんだから、みんなで出かけるわけにはいかないわ。わたしが一番上の姉さんだから、行って来るね」
 一番上の娘は、お母さんへのおみまいの品にブドウ酒四本と、干しあんず入りのお菓子を四つ用意しました。
「いってらっしゃい。気をつけてね」
 二人の妹は、姉さんを送り出しました。
 お母さんのいるボルゴフォルテ村へ行くには、深い森の中を通らなければならないので、とても心配だったのです。
 深い森の中の道に、さしかかりました。
 すると突然、オオカミが飛び出して来ました。
「もしもし、娘さん。そんなに急いで、どこへ行くんだね?」
 オオカミは立ちすくんでいる娘を怖がらせないように、ネコなで声で言いました。
「ボルゴフォルテ村の、お母さんのところへ行くんです。お母さんの病気が、重いそうですから」
「そのカゴには、何が入っているんだね?」
「ブドウ酒四本と、お菓子が四つ」
「じゃ、それをおよこし」
「いいえ。これはお母さんへのおみまいの品。あげるわけにはいきません」
 娘はカゴを、しっかりとかかえました。
 オオカミは、二、三歩そばへ寄って来ると、今度はきばをむき出しておどしました。
「くれないのかい? くれなくてもいいが、その代わりお前はどうなると思う? カゴの中身と命の、どっちが大事なんだ!」
 娘は怖くなって、カゴを放り出して妹たちのところへ逃げ帰りました。
 姉さんの話を聞くと、今度は二番目の娘が出かける事になりました。
 おみまいの品はさっきと同じように、ブドウ酒四本と、干しあんず入りのお菓子が四つでした。
「では、気をつけて行っておいで」
「オオカミに、出会わないようにね」
 一番上の姉さんと、妹が送り出しました。
 深い森の中の道にさしかかると、またさっきのオオカミが出てきました。
「もしもし、娘さん。そんなに急いで、どこへ行くんだね?」
 オオカミはネコなで声で、やさしく言葉をかけました。
「「ボルゴフォルテ村の、お母さんのところへ行くんです。お母さんの病気が、重いそうですから」
「そのカゴには、何が入っているんだね?」
「ブドウ酒四本と、お菓子が四つ」
「じゃ、それをおよこし」
「いいえ。これはお母さんへのおみまいの品。あげるわけにはいきません」
「くれないのかい。くれなきゃ、お前はわしに食われるんだよ」
 二番目の娘も怖くなって、カゴを放り出すと逃げて帰りました。
 末の妹は、それを聞くと、
「じゃ、わたしが行って来るわ」
と、言い出しました。
「大丈夫かい?」
「心配だわ」
と、姉さんたちが言いました。
「まかせて。わたしには、いい考えがあるの」
 そう言うと末の妹は台所へ行って、カゴの中にブドウ酒四本を入れ、それからお菓子の中に何やらたくさんつめ込みました。
「じゃ、行っておいで。オオカミに、出会わないようにね」
「無事に行っておいで。お母さんに、くれぐれもよろしくね」
 末娘はカゴをかかえると、元気よくかけて行きました。

 薄暗い森の中の道にさしかかると、またもオオカミが出て来ました。
 でも末娘はわき目もふらずに、ズンズンと足を急がせました。
 オオカミはそばへ来ると、またネコなで声で言いました。
「もしもし、娘さん。そんなに急いで、どこへ行くんだね?」
「ボルゴフォルテ村の、お母さんのところへ。病気が重いそうですから」
「そのカゴには、何が入っているんだね」
「ブドウ酒四本と、お菓子が四つ」
「じゃ、それをおよこし」
「いいえ、あげるわけにはいきません。お母さんへのおみまいの品ですから」
 末娘は怖そうなようすも見せないで、オオカミを見つめました。
 オオカミは、きばをむき出しておどすことにしました。
「じゃ、それをよこさねえというのか?」
「ええ、これはあげられないわ」
「よこさなきゃ、お前はどうなると思う? わしに食われるんだぞ!」
「それなら、仕方がないわ。これをお食べ」
 末娘は大きく口を開けているオオカミめがけて、お菓子を一つ投げつけました。
 オオカミはそれを、パクリと口で受け止めました。
 そして、
「ウギャーーァ!」
と、さけんで、飛び上がりました。
 実はお菓子の中には、クギがたくさん入れてあったのです。
 オオカミは口中、血だらけになってお菓子とクギをはき出しました。
「おぼえていろ。この仕返しは、きっとしてやるぞ」
 オオカミは、森の奥に逃げて行きました。
 でも、ぬけめのないオオカミは森の近道をぬけて、ボルゴフォルテ村に先回りしました。
 そして娘たちのお母さんの家に忍び込んで、病気でねているお母さんをひと飲みに飲み込んでしまったのです。
 それからオオカミはお母さんのずきんをかぶり、べッドに潜り込んで末娘が来るのを待っていました。
 しばらくして、末娘はお母さんの家に着きました。
「お母さん」
 末娘はベッドのそばへ行ってみて、お母さんのあまりの変わりようにビックリ。
 だってお母さんは色が黒くて、とても頭が大きくなってしまったからです。
 それに、末娘にやさしい笑顔を見せてもくれません。
「お母さん、なぜわたしを抱いてくれないの?」
 そのとたん、オオカミはバッと飛び起きて娘をひと飲みにすると、そのまま表に飛び出しました。
 でも、畑で働いていた村の人たちが、家から出て行くオオカミを見つけました。
 そして手に手にクワやすきを持ってオオカミを追いかけ、たたき殺してしまいました。
 お母さんと末娘は、オオカミのお腹の中から無事に助け出されました。
 それからお母さんはりこうな末娘の看病で、まもなく病気も治ったということです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月 9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
アイスクリームの日
きょうの誕生花
クレマチス(Clematis)
きょうの誕生日・出来事
1970年 テツ (芸人)
恋の誕生日占い
しっかり者で大人っぽい、頼りになるお姉さん
なぞなぞ小学校
子どもが運転しても怒られない車は?
あこがれの職業紹介
ソーイングスタッフ
恋の魔法とおまじない 130
ヤキモチを静める おまじない
  5月 9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
惚れ薬(ほれぐすり)
きょうの世界昔話
オオカミと3人の娘
きょうの日本民話
静貫とネズミ
きょうのイソップ童話
水をたたく漁師
きょうの江戸小話
毛生え薬
きょうの百物語
キンモクセイの妖怪
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識