福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話 > 和尚の約束

6月15日の小話

おしょうの約束

和尚の約束

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 あるお寺に、とてもけちな和尚さんがいました。
 毎日毎食のご飯がおかゆなので、小僧は腹が減って仕方がありません。
「おかゆを水気ばかりで、腹にたまらん。何とかして、和尚さんがおかゆ嫌いになる工夫はないだろうか?」
 考えた小僧は、ある晩、和尚さんが食べるおかゆに塩をたっぷりと入れて、夜中にのどがかわくようにしました。
 そして寺にある水がめや、やかんの水を、すっかり空っぽにしておきました。

 さて、その晩遅く。
 小僧は白い着物を来て井戸(いど)に隠れると、つるべ(→井戸の中の水をくむためのおけ)のなわをにぎっていました。
 和尚さんは、そんな事とは知りません。
「今夜は、やけにのどがかわく。井戸の水をくみあげて飲もう」
 和尚さんが、ねぼけまなこで井戸にやって来ると、井戸の中から小僧が怖い声で言いました。
「今頃、誰じゃ! わしは、井戸の神さまなるぞ。夜中に井戸を、使ってはならぬ!」
「わ、わしは、この寺の和尚です。今夜だけ、水を飲ませてください」
 和尚さんが井戸の中をのぞくと、白い着物姿がぼんやりと見えます。
「誰だろうと、水を飲ませるわけにはいかん! だが、明日から水を多く使うおかゆをたかないと約束するなら、今夜だけは許してやろう」
「はい、これからは、決しておかゆをたきません。普通のごはんにします」
 こうして和尚さんは、ようやく井戸の水を飲む事が出来ました。

 あくる朝、小僧が和尚さんに尋ねました。
「和尚さま。今夜もおかゆをたきましょうか?」
 すると和尚さんは、あわてて言いました。
「いや、いや、おかゆなんて、とんでもない! おかゆは、もうこりごりじゃ」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     6月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
暑中見舞いの日
きょうの誕生花
立葵(たちあおい)
きょうの誕生日・出来事
1937年 伊東四朗(タレント)
恋の誕生日占い
上品さと頭の良さをかねそなえた知的な美人
なぞなぞ小学校
前から読んでも後ろから読んでも同じ名前の紙は?
あこがれの職業紹介
ディレクター・プロデューサー
恋の魔法とおまじない 167
2人の心が通じ合っている
  6月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミ経
きょうの世界昔話
ハメルンの笛吹
きょうの日本民話
サル酒
きょうのイソップ童話
アリとコガネ厶シ
きょうの江戸小話
和尚の約束
きょうの百物語
おばあさんに化けた牛鬼
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識