福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > おばあさんに化けた牛鬼

6月15日の百物語

アジ船と口さけばば

おばあさんに化けた牛鬼
徳島県の民話徳島県情報

 むかしむかし、ある漁村(ぎょそん)の漁師(りょうし)たちが、アジ船を出してアジを取りに行きました。
「今日はなかなかの大漁だったな。どれ、ここらで浜に上がって、ひと休みせんか」
 取れたてのアジを塩焼きにして、それでお酒を飲むのが漁師たちの何よりの楽しみです。
 アジの焼けるいいにおいがただよってきた頃、どこからともなくおばあさんがやって来て言いました。
「ええにおいじゃの。わしにも、そのアジをごちそうしてくれ」
 その声に振り向いた漁師たちは、おばあさんを見てびっくりです。
 なぜなら、そのおばあさんの髪の毛は針金の様に逆立っていて、ギラギラとした丸い目玉は大きくて飛び出し、おまけに口は耳まで裂けているのです。
(こいつは、化け物だ。みんな、返事をするな)
 漁師たちは目で合図(あいず)をすると、みんなじっと下を向きました。
「どうした? はやく、わしにもくれんか」
 おばあさんがさいそくするので、一人の漁師が言いました。
「ああ、うまいアジはもう食べてしまったので、新しいのを船から持ってきてやろう。少し待っていてくれ」
 そしてその漁師が、あわてて船に乗り込むと、
「あいつ一人じゃ大変だから、おれも手伝いに行こう」
「おれもだ」
「おれも」
と、みんな船に乗り込んで、そのまま沖へ向かって船をこぎだしたのです。

 しばらくして、みんなが逃げ出したのに気づいたおばあさんは、恐ろしい声で叫びました。
「こら、待てえ! わしをだまして、逃げるつもりか! 逃げたら魚の代わりに、お前らを食ってやるぞ!」
 おばあさんは、ものすごい勢いで海に飛び込むと、そのまま泳いで船の後ろに噛み付いたのです。
 漁師が見ると、おばあさんの耳まで裂けた大きな口の歯は、みんなキバみたいにとがっていました。
「こら、はなさんかい! 頭を叩き割るぞ!」
 漁師はろ(→和船をこぐための、木で出来た道具)を振り上げて、おばあさんの頭を叩こうとしましたが、漁師をにらみつけるおばあさんの大きな目玉が怖くて、ろを振り下ろす事が出来ませんでした。
 かといって、このまま船を噛み砕かれては、漁師たちは船もろとも海に沈んでしまいます。
 そこで漁師たちは、
「なむ、船霊大明神、我らをお助けたまえ、お助けたまえ」
と、唱えながら、夢中で船をこぎました。

 それからしばらくすると、あのおばあさんの姿は消えていました。
「たっ、助かった」
 漁師がおばあさんの噛み付いていたところを見てみると、丈夫な船の木がボロボロに噛み砕かれており、船は沈む寸前でした。

 阿波(あわ→徳島県)にはむかしから体が牛で顔がの、牛鬼(うしおに)と呼ばれる化け物がいたと言われています。
 あのおばあさんは、この牛鬼が化けた物だそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
暑中見舞いの日
きょうの誕生花
立葵(たちあおい)
きょうの誕生日・出来事
1937年 伊東四朗(タレント)
恋の誕生日占い
上品さと頭の良さをかねそなえた知的な美人
なぞなぞ小学校
前から読んでも後ろから読んでも同じ名前の紙は?
あこがれの職業紹介
ディレクター・プロデューサー
恋の魔法とおまじない 167
2人の心が通じ合っている
  6月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミ経
きょうの世界昔話
ハメルンの笛吹
きょうの日本民話
サル酒
きょうのイソップ童話
アリとコガネ厶シ
きょうの江戸小話
和尚の約束
きょうの百物語
おばあさんに化けた牛鬼
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識