福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 6月の世界昔話 > ハメルンの笛吹

6月15日の世界の昔話

ハメルンの笛吹

ハメルンの笛吹
ドイツの昔話 → ドイツの国情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
鼠の顔の折り紙ねずみのかお   鼠の折り紙ねずみ

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、ハメルンという町に、どこからか数え切れないほどのネズミがやって来て、町のあちこちに住みついてしまいました。
 困った町の人たちはネズミ取りを仕掛けたり、毒(どく)のお団子をばらまいたりしましたが、ネズミはますます増えるばかりです。
「こうなったら、ネコやイヌをたよりにするしかしかたがない」
 そう考えて、どこの家でもネコやイヌを飼(か)うようになりました。
 でもネコもイヌもネズミが多すぎて、ネズミを捕まえるどころかネズミたちに追いかけられるしまつです。

 そんなある日、一人の男が町へやって来て、こんな事を言いました。
「ネズミは、このわたしが退治してさしあげましょう。ただしその代金として、金貨千枚をちょうだいします」
「おお、願ってもない。千枚どころか、二千枚でもお払いします」
「けっこう。ではさっそく、とりかかるとしますかな」
 男は外へ出ると、手にしていた笛(ふえ)を吹き鳴らしはじめました。
 するとあちこちの家からネズミたちが飛び出して、笛吹きの周りへ集まってきたではありませんか。
 ネズミたちをしたがえた笛吹きは、笛を吹き鳴らしながら川のそばまでやって来ました。
「どうするつもりだろう?」
 町の人たちが見ていると、笛吹きは川の中へサブサブと入っていきました。
 ネズミたちもあとを追って川へ飛び込むと、そのまま一匹残らずおぼれ死んでしまいました。
「やった! やった!」
「さあ、お祝いだ!」
 町の人たちは大喜びで、歌ったりおどったりしました。
 そこへ、笛吹きが戻って来て言いました。
「ごらんのように、ネズミは残らず退治してさしあげました。それでは、金貨千枚をいただくとしましょうか」
「金貨千枚だって?」
 町の人たちは、しぶい顔をしました。
「たかがネズミくらいの事で、金貨千枚とは高すぎるではないか。まあ、十枚くらいは出してやるが」
「さては、約束を破るつもりですか? よろしい。それならこちらにも考えがある」
 笛吹きは顔色を変えると、姿を消してしまいました。
「・・・やれやれ。あきらめたか」
 町の人たちは安心して、また歌ったりおどったりです。
 その時、どこかでリュウリュウと笛の音がひびきはじめました。
 笛吹きが町の広場のまん中で、笛を吹きはじめたのです。
 それと一緒に、あちらこちらの家から子どもたちが集まって来ました。
「ややっ、子どもたちが笛吹きのあとを」
 大あわてで追いかけて行くと、山のふもとにあるほら穴のそばへやって来ました。
 笛吹きは笛を吹き鳴らしながら、ほら穴の奥へ入って行きます。
「わーい、ほら穴だ、ほら穴だ」
 子どもたちも大喜びで、ほら穴の中へ入って行きました。
「おーい、待ってくれ、待ってくれ」
「わしらが悪かった。約束通り金貨を払うから、子どもたちを返してくれ」
 町の人たちは、声をかぎりに呼びかけました。
 でももう遅く、岩が一人でに動きはじめたかと思うと、ほら穴の入り口をピッタリとふさいでしまいました。
 こうしてハメルンは、子どもの一人もいない町となってしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
暑中見舞いの日
きょうの誕生花
立葵(たちあおい)
きょうの誕生日・出来事
1937年 伊東四朗(タレント)
恋の誕生日占い
上品さと頭の良さをかねそなえた知的な美人
なぞなぞ小学校
前から読んでも後ろから読んでも同じ名前の紙は?
あこがれの職業紹介
ディレクター・プロデューサー
恋の魔法とおまじない 167
2人の心が通じ合っている
  6月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミ経
きょうの世界昔話
ハメルンの笛吹
きょうの日本民話
サル酒
きょうのイソップ童話
アリとコガネ厶シ
きょうの江戸小話
和尚の約束
きょうの百物語
おばあさんに化けた牛鬼
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識