福娘童話集 > きょうのイソップ童話 福娘童話集 きょうのイソップ童話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうのイソップ童話 > 6月のイソップ童話 > アリとコガネ厶シ

6月15日のイソップ童話

アリとコガネ厶シ

アリとコガネ厶シ

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
蟻の折り紙あり

♪音声配信(html5)
亜姫の朗読☆ イソップ童話より

 夏の間、アリは畑を歩き回って、コムギやオオムギを集めては冬に食べる為に貯めていました。
 コガネムシは、それを見て、
「そんなにせっせと働くなんて、あなたはどうかしていますね。
 今は食べ物のたくさんあるいい季節で、働かないでも済むのだから。
 ほら、見てみなよ、他の生き物はみんなのんびりと楽しく過ごしているよ」
「・・・・・・」
 アリはその時は、何も答えませんでした。

 やがて、冬がきました。
 冷たい雨がウシのフンを流してしまうと、食べ物がなくて困ったコガネムシはアリの所へ来て、
「アリさん、何か食べ物を下さい」
と、頼みました。
 するとアリは、
「ほらね、コガネムシさん。
 わたしが働いているのを、あなたはバカにしたでしょう。
 あの時にあなたも働いていれば、今、食べ物に困る事はなかったのに」

 このコガネムシと同じで、人間でも景気の良い時に将来の備えをしておかないと、いったん不景気になれば、ひどい貧乏(びんぼう)になってしまいます。

※この「アリとコガネムシ」は、有名な「アリとキリギリス」と同様に、もとの寓話である「アリとセミ」から変化したお話しです。
 セミが、コガネムシやキリギリスに変化した理由は、お話しの伝わった国に、その昆虫がいなかったり、お話しを伝えた人が、勝手に昆虫を変えたりしたからです。
 ほかにも、「アリとコオロギ」や「トンボとキリギリス」などがあります。

おしまい

前のページへ戻る


     6月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
暑中見舞いの日
きょうの誕生花
立葵(たちあおい)
きょうの誕生日・出来事
1937年 伊東四朗(タレント)
恋の誕生日占い
上品さと頭の良さをかねそなえた知的な美人
なぞなぞ小学校
前から読んでも後ろから読んでも同じ名前の紙は?
あこがれの職業紹介
ディレクター・プロデューサー
恋の魔法とおまじない 167
2人の心が通じ合っている
  6月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミ経
きょうの世界昔話
ハメルンの笛吹
きょうの日本民話
サル酒
きょうのイソップ童話
アリとコガネ厶シ
きょうの江戸小話
和尚の約束
きょうの百物語
おばあさんに化けた牛鬼
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識