福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話 > 魔法使いと若者

12月4日の世界の昔話

魔法使いと若者

魔法使いと若者
オーストリアの昔話 → オーストリアの国情報

 むかしむかし、本を作る製本屋(せいほんや)さんで働いている若者が、帰り道の森で道にまよってしまったのです。
「ああ、くたびれたな。お腹が空いたな。どこかに泊まりたいけど、こんな森の中に家があるはずはないし。・・・あ、あった!」
 そこは小さな古い家で、扉をたたくと中からやせたおじいさんが出て来ました。
「お願いです、今夜一晩泊めてください! 道にまよって、お腹が空いて、もう一歩も歩けないのです!」
 若者がたのむと、おじいさんは部屋に入れてくれました。
 そしてテーブルにむかって、何やらブツブツ言い出したのです。
「何をしているんだろう?」
 若者が見ていると、テーブルの上にパンやシチューや焼きたてのお肉がとつぜん現れたのです。
「さあ、好きなだけ食べていいぞ」
「わあ、いただきます!」
 若者は大喜びで、テーブルのごちそうをムシャムシャと食べました。
 そしてお腹がいっぱいになると、おじいさんにお礼を言いました。
「おかげで、助かりました。お礼に、何でも用事を言いつけてください」
 するとおじいさんは、ニヤニヤ笑いながら一冊の分厚い本をさし出しました。
「ところでお前さんに、この本が読めるかね?」
 若者は製本屋さんで働いていたので、読めない字はありません。
 でも『字は、何でも読めます』って言ったら、何だかいばっているように思えたので、若者はこう答えました。
「いえ、字はあまり知りません」
「ほう。そうかい、そうかい。それはいい」
 おじいさんはうれしそうに笑うと、若者をとなりの部屋に連れて行きました。
 その部屋は本の部屋で、床から天井までビッシリと本がつみあげられています。
 おじいさんは、若者に言いました。
「お前に、仕事を頼みたい。
 この本のほこりを全部ふき取って、1ページ、1ページ、わしがよく見えるようにしておくれ。
 わしはこれから三年間旅に出るから、帰って来るまでにやっておいてほしい」
 そう言っておじいさんは、すぐに旅立って行きました。

 その日から若者は、本のほこりをふき取る仕事を始めました。
 若者は本をきれいにしながら、ここにある本が全て魔法の言葉が書いてある本だと気づきました。
 その魔法の言葉の中には、おじいさんがやった食べ物を出す魔法もあります。
「すごいや!」
 若者は夢中になって本を読むと、色々な魔法の言葉を覚えました。
 それから役に立ちそうなページは切り取って、こっそりポケットにしまいました。
 そして三年がすぎると、おじいさんの魔法使いが帰って来ました。
 魔法使いはきれいになった本の山を見てとても喜び、若者にたくさんのお金をあげました。
 若者はそのお金を持って、お母さんの待つ自分の家に帰りました。
 お母さんは三年ぶりに帰ってきた息子をだきしめて喜び、たくさんのお金を見てさらに喜びました。
 お母さんと若者はしばらくのあいだ、のんびりと暮らしました。
 そしてお金がなくなると若者は覚えてきた魔法の言葉で白い馬に姿を変えて、お母さんに言いました。
「ぼくを市場で、高い値段で売ってください。でも絶対に、手綱(たづな)は取り外して売ってください」
 お母さんは言われた通りに、市場に馬を売りに行きました。
 すると立派な紳士が近づいて来て、お母さんに言いました。
「ほほう。これは見事な馬だ。五百ターレルで買いましょう」
 馬になった若者は、その声を聞いてドキッとしました。
(この声は、あの魔法使いだ! ぼくが魔法の本の何ぺージかを盗んだのを知って、取り返しにきたんだ)
 でもそんな事とは知らないお母さんは、大喜びで紳士に馬を売ったのです。
 紳士は馬を連れて、宿屋に行きました。
 馬は馬小屋につながれて、馬屋番が見張る事になりました。
 馬になった若者は、馬屋番にそっと言いました。
「わたしの手綱を、はずしてください。わたしは人間ですが、悪い魔法をかけられて馬にされたのです」
 馬屋番は驚いて、すぐに手綱を外してくれました。
 そこへ魔法使いが、こわい顔で入ってきたのです。
 手綱をはずされた若者は魔法の言葉をとなえて小鳥になると、空へ飛びたちました。
 魔法使いも魔法の言葉でハゲタカになり、若者を追いかけました。
「こらっー! お前は字が読めないと言うから、やとってやったのだ! このうそつきの、泥棒め!」
 小鳥になった若者はハゲタカのツメにひっかけられそうになりながらも、夢中で飛びまわって逃げました。
 そしてお城が見えてきた時、若者は魔法で小鳥から金の指輪(ゆびわ)になりました。
 金の指輪は、お城の庭の花園(はなぞの)に落ちて行きました。
 花園ではちょうどお姫さまがさんぽをしていて、空から降ってきた金の指輪をひろいました。
「まあ、なんてきれいな指輪なの。まるで、お日さまの光をリングにしたみたい。そうだわ、お父さまにお見せしましょう」
 お姫さまは指輪をつけるとニッコリほほえんで、お城へ入って行きました。
(いくら魔法使いでも、お城のお姫さまには手が出せないだろう)
 金の指輪になった若者は、ホッと安心しました。
 しかし次の日、あの魔法使いがお城に現れたのです。
 魔法使いは、王さまの病気を治す医者に化けていました。
 そして魔法の力で病気が治った王さまは、医者になった魔法使いに言いました。
「ほうびに、何でも好きな物をやろう」
「それでは、王さま」
 医者に化けた魔法使いは、お姫さまがつけている金の指輪を指さしました。
「お姫さまの指にかがやく、金の指輪をいただきたい」
 お姫さまは、ニッコリ笑ってうなずきました。
「ええ、お父さまの病気を治してくださったのですから、よろこんでさしあげますわ」
 お姫さまは医者になった魔法使いに指輪を渡そうとして、うっかり指輪を床に落としてしまいました。
 すると指輪は床を転がりながら、アワの一粒に姿を変えました。
 それを見ると魔法使いは医者からニワトリになって、アワをつついて追いかけました。
 そのとたんにアワはキツネになり、ニワトリの首にかみついたのです。
「キューー!」
 ニワトリになった魔法使いは、そのまま死んでしまいました。
 そしてキツネになった若者は美しい王子さまに変身して、お姫さまに言いました。
「わたしは、悪い魔法使いからお姫さまを守るために指輪の姿になっていたのです。悪い魔法使いはやっつけましたので、もうご安心ください」
 それを聞いた王さまとお姫さまは、大喜びです。
 そして、王さまが言いました。
「立派な若者よ、よくぞ姫を助けてくれた。ほうびに、姫のむこになってはくれまいか?」
「はい、よろこんで」
 こうして若者はお姫さまと結婚して、いつまでも幸せに暮らしたのです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
破傷風血清療法の日
きょうの誕生花
山茶花(さざんか)
きょうの誕生日・出来事
1985年 ギャル曽根 (タレント)
恋の誕生日占い
ワフルな自信家で、自分の感じたままに行動します
なぞなぞ小学校
山の下にある石は?
あこがれの職業紹介
弁理士
恋の魔法とおまじない 339
幸運がおとずれる
  12月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
山を持ってくる
きょうの世界昔話
魔法使いと若者
きょうの日本民話
真冬のイチゴ
きょうのイソップ童話
美しい鳥コンテスト
きょうの江戸小話
おいしい目薬
きょうの百物語
お金を取りに来た幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識