昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集(Hukumusume fairy tale collection) > 日本昔話(Japanese classical stories) > 1月(January)

この正直者め

この正直者め
“You honest bastard!”

吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて(Introduction to Kicchomu-san)

日本語  ・英語中国語 ・客家語

日本語&英語日本語&中国語 ・日本語&客家語

English translator REN HANADA(花田れん)

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ
 
  むかしむかし、きっちょむさんと言う、とんちの上手な人がいました。
 Once upon a time, there was a man named "Kicchomu-san " who was very good at wit.

 むかしは、ところどころに関所というものがあって、通る人や荷物をきびしく調べていました。
 In the olden days, there were barriers here and there, where people and their luggage were carefully checked.

 きっちょむさんの村から町へ行くのにも、この関所を通らなければなりません。
 You have to go through this barrier to get to the town from Kicchomu-san's village.

 ところが、この関所には悪いの役人がいて、
「こらこら!
 そのとっくりの中身は、何じゃ?!
 何か良くない物を、隠しておるのではないだろうな!
 今から、取り調べてやる」
と、役人は荷物の中にお酒を見つけると、取り調べと言いながらお酒を飲んでしまうのです。
 However, there is a bad official in this barrier. "Hey, hey, hey! What's in that bottle? I hope you're not hiding something bad from me! I'm going to take you in now." And when the official finds alcohol in the luggage, he drinks it while interrogating.

 そこでこまった村人たちが、きっちょむさんに頼みました。
 Then, the villagers asked him to help them.

「きっちょむさん。 お前さんのとんちで、あの役人をこらしめてはくれんか?」
"Kicchomu-san. Can't you whip that official up in your wit?"

 役人のうわさを聞いていたきっちょむさんは、すぐに引き受けました。
 Kicchomu-san had heard rumors about the official, so he immediately accepted the job.

「よし、まかせておけ。その役人が、二度と酒を飲まないようにしてやる」
"All right, I'll take care of it. That official is going to make sure him never drinks again.”

 きっちょむさんはそう言うと、さっそく町へお酒を買いに出かけました。
 Kicchomu-san said so, and immediately went to town to buy some liquor.

 町からお酒を買って帰ろうとすると、あの役人がさっそくきっちょむさんを呼び止めました。
「こらこら! そのとっくりの中身は、何じゃ?!」
 するときっちょむさんは、わざとこまった顔で答えます。
 When he was about to buy some alcohol from the town, the official immediately called out to him. "Hey, hey, hey! What's in that bottle?" Then he answers with a purposely annoyed look on his face.

「はい。これは、その・・・。実は、小便が入っております」
"Yes. It's the... Actually, there's some urine in there."

「何、小便じゃと? ・・・ほうほう、多少は知恵を使ったようだが、このわしには通用せんぞ」
"What, did you say you were pissing? Well, it looks like you've used a bit of wisdom, but it won't work on me."

 役人は、とりあえず用心にとっくりのにおいをかぐと、ニンマリと笑って中のお酒をうまそうに飲み干しました。
 The official smelled the bottle with a cautious smile and drank the sake with a smile.

「うむ、これは上物。なかなかに、うまい小便じゃ。よし、行ってよし!」
''Hmm, this is a good one. That's a pretty good piss. Okay, go ahead!"

 空になったとっくりをきっちょむさんに返した役人は、満足そうに言いました。
 the official said with a satisfied look on his face after returning the empty bottle to Kicchomu-san.

 さて、それから三日後、きっちょむさんはまた町へ行くと、とっくりを下げて関所を通りました。
 Three days later, Kicchomu-san went to town again and passed through the security gate with a bottle.

 するとやっぱり、あの役人が呼び止めます。
 Then, as expected, the official stops him.

「こらこら! そのとっくりの中身は何じゃ?!」
"Hey, hey, hey! What's in that bottle!"

「はい。これは、その、小便が入っております」
"Yes. It has, uh, urine in it, sir."

 きっちょむさんが答えると、役人はきっちょむさんを見てニンマリと笑いました。
 When Kicchomu-san answered, the official looked at him and smiled.

「おおっ、お前はこの前の。少しは知恵があると思ったが、またこりずに小便とはな」
"Oh, you were the last one to pass by here. I thought you had a little wit about you, but here you are again, pissing without giving up.”

 役人はきっちょむさんからとっくりを取り上げると、今度はにおいもかがずに、いきなりゴクゴクと飲みました。
 The official took the bottle from Kicchomu-san, and this time, without a whiff, he gulped it down.

 しかしすぐに目を白黒させて、飲んだ物をはき出しました。
 But soon his eyes went black and white and he was throwing up what he had drunk.

「ブーーッ! こ、こ、こら! これは、何じゃい! きさま! わしに小便を飲ませたな!」
"Boo! Hey, hey, hey, hey! What's this! You! You made me drink your piss!”

 役人は刀を抜くと、きっちょむさんに詰め寄りました。
 The official drew his sword and leaned over to Kicchomu-san.

 ですがきっちょむさんは、平気な顔で言いました。
 Kitchomu-san said with an unconcerned look on his face.

「だからわたしは、小便と申し上げましたよ」
"As I said, piss."

「むっ、むむむむ」
"Mmm, mmm, mmm."

 これには役人も、返す言葉がありません。
 To this, the official has no words to respond.

 役人は刀をおさめると、きっちょむさんに言いました。
 The official put down his sword and said to Kicchomu-san,

「この、この正直者め。行ってよし!」
"You're an honest man. Good to go!”

 それから役人は関所を通る人の荷物にお酒を見つけても、もう飲もうとはしなかったそうです。
 Later on, it is said that the official did not want to drink any more even if he found alcohol in the luggage of people passing through the barrier.

おしまい
End

ワンポイントアドバイス。Sometimes, the best medicine comes from a stranger.

前のページへ戻る
(Click here to return)

     1月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
初夢
きょうの誕生花
竹(たけ)
きょうの誕生日・出来事
1980年 村上知子(森三中)
恋の誕生日占い
世話好きで、家庭的な事が得意
なぞなぞ小学校
糸は糸でも、働く糸は?
あこがれの職業紹介
モデル
恋の魔法とおまじない 002
好きな人に、想いが届くおまじない
  1月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
この正直者め
きょうの世界昔話
ミツバチの女王
きょうの日本民話
天福地福
きょうのイソップ童話
塩を運ぶロバ

きょうの江戸小話
主人想いの小僧

きょうの百物語
死神の使い
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識