福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     1月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
七草がゆ
きょうの誕生花
せり
きょうの誕生日・出来事
1948年 水木一郎(アニメ歌手)
  1月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
かべのなかから
きょうの世界昔話
ホジャおじさんのお断り
きょうの日本民話
ものぐさ桃太郎
きょうのイソップ童話
ウサギとカメ
きょうの江戸小話
キツネつき
広告
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 1月の日本民話 > ものぐさ桃太郎

1月7日の日本民話

ものぐさ桃太郎

ものぐさ桃太郎
鳥取県の民話鳥取県情報

 むかしむかし、おじいさんとおばあさんと、そして桃太郎が暮らしていました。
 天気の良い日には、おじいさんが山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きますが、桃太郎は毎日遊んでばかりいます。
 そこである日、おじいさんが言いました。
「桃太郎や、お前も大きくなったんだから、小さい子どもみたいに遊んでばかりおらんと、少しは人の助けになる事をしないといかんぞ」
「ああ、わかったよ。それじゃあ、出かけてくる」
 桃太郎はそう言うと、そのままどこかへ出かけていきました。

 夕方になり、おじいさんとおばあさんとが仕事から戻ってきても、桃太郎はまだ帰って来ません。
 実は桃太郎、何か仕事をしようと珍しく山へ出かけて行ったのですが、今まで一度も木を切った事はないし、たきぎを拾う事も知りません。
 それで一日中、木の根っこをまくらにして寝ていたのです。
 目が覚めると、もう夕方でした。
「ああ、よく寝た。しかし、今日は何も仕事をしていないな。何かしないと、じいさまに怒られてしまう」
 そこで桃太郎は、その木の根っこにジャージャーとおしっこをすると、根っこの土を柔らかくして、その木をズボッと根っこごと引き抜いたのです。
 そしてその引き抜いた木をかつぐと、桃太郎は家へと帰っていきました。
「じいさま、ばあさま、今帰ったよ。おら、今日は仕事をしたんだぞ」
 そう言いながら桃太郎は、かついできた木を家の屋根にたてかけました。
 そして家に入ろうとした途端、たてかけた木の重みで、家がミシミシと音を立てて潰れてしまったのです。
 可愛そうに、おじいさんもおばあさんも、潰れた家の下じきになって死んでしまいました。
「・・・しまった」
 さすがの桃太郎は、しばらく呆然としていましたが、やがて気を取り直すと、
「まあ、済んでしまった事は仕方ねえ。それより今日は仕事をして疲れたから、もう寝るとするか」
と、そのまま潰れた家をまくらにして、高いびきをかきながら寝てしまったそうです。

 なんなんでしょうね、このお話しは。

おしまい

前のページへ戻る


きょうの日本民話
ミニカレンダー
<<  1月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識