366日への旅> 今日の誕生花 の366日への旅 誕生花編" 366日への旅
     8月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レインボーブリッジの日
きょうの誕生花
天糸瓜(へちま)
きょうの誕生日・出来事
1964年 つちやかおり(女優)
恋の誕生日占い
頑張り屋で、地道にコツコツと努力します
なぞなぞ小学校
石が少ない場所は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
体操選手
恋の魔法とおまじない 239
大切な人との再会を願うおまじない
  8月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
佐渡二郎(さどじろう)と安寿姫(あんじゅひめ)の母
きょうの世界昔話
のんきな旅人
きょうの日本民話
一休さんとキジ
きょうのイソップ童話
ゼウスとプロメテウスとアテネとモモス
きょうの江戸小話
首売り
きょうの百物語
お別れに来た娘
 


366日への旅> 今日の誕生花 >8月の誕生花 >天糸瓜(へちま)

8月26日 天糸瓜(へちま)

花言葉
剽軽な

へちま

 ウリ科の蔓性一年草で、熱帯アジアの原産。
 茎は長く、巻鬚(まきひげ)で他物にからみつく。葉は掌状で3〜7に浅裂。夏、5弁の黄花を開く。雌雄同株。果実は円柱状で若いうちは食用、完熟すると果肉内に強靱な繊維組織が網目状に生じ、これをさらして汗除け・垢すりなどに用いる。かつては唐瓜と呼ばれていました。
 とうりの「と」は、いろは47文字の「へ」と「ち」の間にあるという洒落から、へちまになったということです。

栽培方法
 実生で増やします。
 タネまきは4月。
 高温と日照を好み、病気や害虫にも強く、栽培容易で旺盛につるを伸ばすので、夏の日よけとしてよく利用されます。
 開花期は7〜8月。
 開花から10〜15日前後の幼果はみそ汁や油いためなど食用になり、へちま水は化粧料や民間薬として、また完熟した果実は乾燥させて垢すりへと、昔から重宝されていました。

他の誕生花と花言葉

アンスリウム(白)
情熱・心は燃えている

コキンバイザサ
光を求める

誕生花の女の子 (誕生日占いより)    イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」
誕生花の女の子
4kサイズ(2880×2160)  全身4kサイズ(2160×2880)  塗り絵(2880×2160)  塗り絵全身(2160×2880)

女の子イラスト 前バージョン
8月26日生まれの女の子イラスト
4kサイズ(2880×2160)  全身4kサイズ(2160×2880)  塗り絵(2880×2160)  塗り絵全身(2160×2880)

前のページへ戻る

今日の誕生花
ミニカレンダー

<<  8月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識